スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coppermine Winery

日本は冷え込んでおり、朝方はが降りました。牡丹雪だったので積もるかとちょっと期待したのですが、昼までにはに変わり、一番厄介なシャーベット状態となってしまいました。というわけで、本日は徹底して引きこもりに徹しております(笑)!



さて、前回の続きで、Calaveras Countyワイナリー巡りでございます。Chatom Vineyardsから車で2分たらず走りお隣町のVallecitoへ。
IMG_8680_15036327383_m_convert_20150130150445.jpg
Coppermine Winery
小さな小屋風の可愛らしいtasting roomです。



IMG_8681_15657303842_m_convert_20150130150502.jpg
ボルドー&チョコレート” tasiting !! 実は、これにられてやってきたのでした。



IMG_8682_15632760486_m_convert_20150130150542.jpg
中はカウンターと、先客の方がいらっしゃいましたので写真は避けましたが、テーブル席が2つあったと思います。こじんまりとした場所で、おじさまがお一人で接客していらっしゃいました。



IMG_8689_15470520157_m_convert_20150130150559.jpg
シートにグラスを置いて、合わせて6種類の試飲。そして、こちらのシート、2種×3列となっておりますが、ごとにペアリングチョコレートが出てくることになります。ちなみにtasting fee$5ですが、ボトルお買い上げで免除



IMG_8691_15470920030_m_convert_20150130150620.jpg



IMG_8692_15469845979_m_convert_20150130150632.jpg


ワインのタンニン含有量を目安にペアリングのチョコレートんでいるそうです。

というわけで、少し変わり種ワインテイスティングでございました。



これにてCalaveras Countyワイナリー巡りが終了となります。

総じて言えることといたしましては…

“ワインは安いがその分味は劣る”

ですので、あまりワイナリー巡りと気張らずに、Angels Camp&Murphys散策と合わせてで行くのがよい場所かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Chatom Vineyards

本日、千葉北東部を震源とする地震がありました。私の住む我孫子市はおそらく震度3くらいだったと思いますが、日本に帰国後、初めてしっかりと体感した地震だったのと、家に一人ぼっちだったのでかった~(汗)。千葉県では液状化しやすさ・揺れやすさマップというのを市町村別に公開しているのですが、私のがある地区は市内でも揺れにくい場所のようです。駐在終了後に日本で新たに家探しをされる方は、地盤確認もできたらよいですね。



さて本日は、前回の続きでCalaveras Countyワイナリー巡りでございます。お次は1軒目のワイナリーがあったMurphysのお隣町であるDouglas Flatへ↓↓↓
IMG_8658_15657294982_m_convert_20150126173656.jpg
Chatom Vineyards
Hwy-4沿いにありました。木造可愛らしい建物です。また、お庭にあるピクニックエリアの使用もwelcomeだそうですよ。



入口ではこちらがお出迎え↓↓↓
IMG_8660_15656470405_m.jpg
やはりここでもカエルです。



IMG_8673_15632755826_m_convert_20150126173743.jpg
Tasting room自体は小さく、カウンターにmaxで組という感じでしょうか。ユーモアのあるおばさま方が接客して下さいます。



IMG_8666_15656472215_m_convert_20150126173720.jpg



では、ワインを頂くことにしましょう↓↓↓
IMG_8665_15657297992_m.jpg
なんとこちらComplimentary Tastingだったのにはきました!!また、カウンターにはチョコクラッカーなどのおつまみも置いてあります。



試飲中、何やら背中視線を感じたので振り向いてみますと↓↓↓
IMG_8671_15656474065_m.jpg
お~びっくり、人間等身大の人形でございました。こういう若々しいアメリカンおばあさま、いらっしゃいますよね~。



試飲無料でしたので、接客代にとボトルを購入して参りましたが、こちらも1軒目よりはましだったというものの、あまり全体的にパッとするものはございませんでした。ただ、ワインの価格も安いので、特にしたにはなりませんでした。



こちらを後にしまして、この日最後ワイナリーへ向かいます。





テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Ironstone Vineyards

先週末、ウィークリーマンションから無事に新居(借家)へ引越しを済ませました。そして、人生初の千葉県民に。新天地となります我孫子市は茨城県との県境で、都会の要素と田舎の要素を併せ持つ都心通勤圏のベッドタウンです。土地勘のない場所なので、引っ越しが落ち着きましたら、張り切って地元開拓致しますよ~。



さて、空きましたが、一応前回続きでございます。
Calaveras Countyのワイン産業の中心地は“Frog Town”から少し北上したところにあるMurphys (マーフィーズ)という町です。Downtownこじんまりとしていますが、tasting roomや飲食店、雑貨店などでわっておりました。


しかしせっかくですから、街中のtasting roomではなく、ぶどう畑のあるwineryへ向かいます。

こちらはゲートがありまして、敷地がかなり広いです↓↓↓
IMG_8642_15469817679_m_convert_20150116172139.jpg



イベント会場やジュエリーショップなどがあり、またお庭もお花が飾られお手入れされていました。

だるそうにお出迎え↓↓↓
IMG_8603_15470461427_m_convert_20150116171958.jpg
「ニャンだよ~、早く入れよ~。」


もちろんtasting roomも大きいです↓↓↓
IMG_8608_15656424915_m_convert_20150116172026.jpg


IMG_8613_15036278543_m_convert_20150116172049.jpg
Go Giants!! の時期でした。


それでは早速、試飲開始です↓↓↓
IMG_8619_15632715736_m.jpg
こちらは$56種類のtastingをさせてくれ、ボトルを購入すれば免除となりました。



試飲中、店内にはワイングッズ、おつまみなどが販売されておりましたので、うろうろ見て回っていたところ↓↓↓
IMG_8607_15035680624_m.jpg
ぎよっ!そうでした、この時はジャイアンツだけでなく、ハロウィンの時期でもありましたね…。



こちらのワイン、結論から申し上げますと、はっきり言っていまいちです。出荷数も多くスーパーにも並ぶワインで、さらに価格帯く…。残念ながらやはりお味もそれなりだということはめませんでした。



Tasting roomを出ますと、今度は違うちゃんがおりました↓↓↓
IMG_8639_15657278912_m_convert_20150116172111.jpg
パンプキンめっこ



お次のワイナリーへと続きます。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Francis Ford Coppola Winery

Sonomaのワイナリー巡りはランチを挟みまして、Healdsburg市内をdowntownから北上し、Bella Vineyards & Wine Cavesこちら)へ訪れました。こちらは以前この辺りに訪れた時にに入ったワイナリーのひとつだったので、アテンドにチョイスしました。

ちょうどぶどうの実がたわわ~に↓↓↓
IMG_7444_14941861527_m_convert_20141024071218.jpg



2件目の試飲をして、ほろ酔いとなり、お次のワイナリーへと向かいます。れましたのはこちら↓↓↓
IMG_7484_15128474885_m_convert_20141024071311.jpg
Francis Ford Coppola Winery
フランシス・コッポラ監督プロデュースのワイナリーです。以前はご存じの通りRutherfordにあるニーバム・エステートの一部を買い上げそちらを拠点としておりましたが、2010年にSonoma移動してからは、そちらはRubicon Estate Wineryと名前を変更しております。そちらには2度ほど訪れたことがありますが、Sonomaの方は今回が初めての訪問でした。


とても開放的で、敷地も広く建物も大きいです。
今回は遊びませんでしたが、とっても素敵なプール(こちら)がありますので、お子様をプールでばせておきながら、大人はプールサイドで優雅ワイン~♪というプラン、楽しいかと思います。


Rutherfordから移された、コッポラ監督の作品に使用されたものが展示されておりました。まずは、建物を入りますとすぐにを奪われますのは↓↓↓
IMG_7468_14941881377_m.jpg
『タッカー』(Tucker: The Man and His Dream)1988年
1940年代後半に実在した自動車、通称「タッカー車」および開発者のプレストン・トマス・タッカーの実話に基づいて描いた作品(※wikipediaより抜粋)
アメリカ人のおじさまが嬉しそうに、こちらの車のミニチュアを買っておられました。この車、たった51台しか作られなかった名車だそうです!



IMG_7461_15128065272_m.jpg
『ワン・フロム・ザ・ハート』(One from the Heart)1982年
こちらはラスベガスを舞台とした、ミュージカルを織り込んだ恋愛映画。サーカスの踊り子さんがこの巨大カクテルグラスの中で踊るという名シーンに使用されたものとのことです。


そして、コッポラ監督と言えばやはりこちらですよね↓↓↓
IMG_7463_15125456111_m_convert_20141024071235.jpg
『ゴッドファーザー』(The Godfather)1972年
ドンがのっそりとっていた、あの椅子のセットです。今にもゴッドファーザー愛のテーマが聞こえてきそうなかな雰囲気(笑)


この他にも映画にまつわるものがたくさん展示されております。そして、うっかり博物館気分で忘れそうになりますが、肝心のワインです↓↓↓
IMG_7470_14941792590_m_convert_20141024071251.jpg
今回はラベルが気に入り、これらのDirecter's Cutを数本購入してきました。

Tasting Roomも非常に大きいのですが、ものすごくんでいたため、結局、今回は試飲は断念し、上記のワインを購入して帰ってきました。


施設内には本格的なレストランもありの、とても整ったワイナリーでございました。私はローカルなところで、のんびりと試飲するのが好きなので、規模きすぎましたが、ワイナリーというよりも観光の一部として訪れるという意味でとても楽しい場所だったと思います。


というわけで、映画ファンには必見ワイナリーでございました!

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Korbel

先月、日本からお客様がいらっしゃっていたので、アテンドを兼ねて久々にワイナリーを巡りました。今回のターゲットSonoma方面。普段は、比較的こじんまりとしたwineryを回るのが好きなのですが、お客様がいるので大き目の見栄えがしそうなところ、という観点でワイナリーを選びました。


まず1件目に参りましたのはこちら↓↓↓
IMG_7391_15127990412_m_convert_20141020121019.jpg
Kobel
Brutでお馴染みですね~。写真のワイナリー名のにも書いてありますが、なんと創業1882年という老舗で、Guernevilleにございます。



IMG_7390_14941804868_m_convert_20141020120939.jpg
雰囲気のある建物です。ボヘミア出身の家族が始めたワイナリー伝統シャンパン製法が守られているため、こちらのbrut“KORBEL California champagne”と謳われております。



こちらの歴史を楽しみたいのであればWinery Tour、そしてお庭を楽しみたいのであればGarden Tour詳細)があり、どちらも無料ですので気軽に参加することができますね。

私達は時間の都合上、そのままTasting Roomへ↓↓↓
IMG_7404_15125395301_m.jpg



そして、さっそく、カウンターへと向かいます↓↓↓
IMG_7405_14941681819_m_convert_20141020121054.jpg
わっておりましたよ~。


こちらの試飲でなんと言っても嬉しいのが、free tasting !元々、ワイン自体の価格が安いということはあるのですが、それにしてもこの規模を考えると大盤振る舞いです。



10種類以上ある中から4種類好きなものを選んで飲むことができました。店員さんがスーパーなどに出回っていないものを教えてくれたので、そちらを試飲↓↓↓
IMG_7400_15125390961_m_convert_20141020121035.jpg



また、こちらの敷地内にはしっかりめのDeli併設されておりますので、シャンパンとともにランチも楽しむことができます。


ラベルは高級感がありますが、びっくりするくらいの安さです。この値段であればこれからのHoliday Season、パーティの乾杯でポンポンといくには重宝しそうなスパークリングワインでしょう。


また、ワイナリー巡りの最初の乾杯も、泡もので始まると気持ちが良いものですよね。

この後は、お次のワイナリーへ行く前に、ランチを頂きにHealdsburgのダウンタウンへ向かいます。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。