スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vung Tau Restaurant

☆Happy Thanksgiving☆
我が家は昨夜のred-eyeSFOを発ち、カリブ海の島へ遊びに来ました。今年もターキーには挑戦せず終わりそうですが、滞在しているホテルturkeyを頂くことができました。また、クランベリーソース毎年ジャム代わりに作っているのですが、こちらもまだをつけておりません。毎年の経験から言いますと、この連休が明けた後、フレッシュクランベリー在庫処分で大抵安く売られるので、貧乏性節約家の私は、そちらを狙うことに致しましょう。


さて本日は、以前参りましたVietnameseレストランのレポでございます。フォーがメインの大衆食堂という感じではなく、綺麗めなレストラン↓↓↓
IMG_7918_14914342734_m_convert_20141126164811.jpg
Vung Tau Restaurant
San Joseのダウンタウン端にあり、敷地内に専用駐車場があります。



IMG_7922_14914916363_m_convert_20141126164830.jpg
休日ランチで開店して間もない時間に参りましたので余裕がありました。ご覧のようにボックス席などもございまして、お子様連れでもとても訪れ易い雰囲気。



IMG_7925_14914918643_m.jpg
お店のオリジナルグラス。可愛らしいロゴです。


お店のHPによりますと、中華、フレンチ、タイ料理のフュージョン的な要素もあるようです。



IMG_7926_15535103745_m_convert_20141126164850.jpg
Bun Cha Ha Noi - Grilled skewered pork Side rice noodles, greens, fresh herbs
ポークはしっかりと濃いめに味が付いており、さっぱりとした香草類とvermicelli(ビーフン)と絡めながら頂きます。




IMG_7927_15532400441_m_convert_20141126164912.jpg
Ba Nam Sa Dec with GlassNoodle - Tiger prawn , snow crab claw, lean pork
こちらはスノークラブ部分が入っているのがユニークで気になりオーダーしてみました。ただ、結果的に一番のお気に入りの具は、どんぶり中央にありますバリバリ食感の揚げもの。また、こちらはを選ぶことができるので、Glass Noodle(春雨)を選んでみました。



ひとつ残念だったのは、香草類の鮮度がよくないことでした。軽く痛んでいる部分があるくらいであれば、知らない顔をして温かい汁に投入してしまいますが、痛み具合がそれなり…。きれいめのレストランでお値段もある程度ですが転化されているので、ここはもう少しを配って頂きたかったなと思います。



やはりフォーを頂く場合は、回転が早く安いフォー専門系のお店の方がよいという個人的な結論に至りました。しかし、こちらかなり定評もあるようで、おかず的なものを頂いた方がよかったのかもしれませんね。


店内も広いので、グループ会食などにも向くベトナミーズ、という意味では使えるレストランかと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Tamarine

週末にSF教会で行われましたSan Francisco Forest Choir10周年記念コンサートへ行って参りました。こちらは日系女声コーラスグループで、コンサートを拝見させて頂くのは今回で3度目でしたが、毎回しませてもらっております。世界の名曲を神聖に歌い上げたかと思えば、日本童謡の編曲などをユーモアを取り入れて歌われたりと、観客を魅了する歌声。これからますますのご活躍期待しております。



さて本日は、以前参りましたベトナム料理のレストランのレポでございます。Palo AltoUniversity Aveにございます上品なベトナミーズ、と言えばこちらですよね↓↓↓
IMG_1187_15345714378_m_convert_20141119141344.jpg
Tamarine
HPによりますと、こちらは中国、カンボジア、ラオス、タイ、フランスの影響を受けたベトナム料理とのことです。


店内は外見から想像するよりも広く内装はとても落ち着いて上品です。
でもかなり店内は照明が落ちており、写真を撮るのには苦労しました。
(※雰囲気作りに照明を意図して落とされているのですから、そこで無理に写真を撮ろうという私の行為自体がナンセンスなのですが…)


IMG_1179_15531875215_m_convert_20141119141222.jpg
Green Papaya Salad - Shredded green papaya tossed with basil & served with dried shredded beef
こちらのソムタムに入っているお肉はビーフジャーキー時雨煮にした感じのもので、さっぱり青パパイヤしっかりとした歯ごたえと味がアクセントになっておりました。



IMG_1184_15345850107_m_convert_20141119141304.jpg
Tamarine Prawns - Flash-fried jumbo prawns tossed in tamarines signature tamarind sauce & served with crisp noodles
やはりお店の名前からタマリンドものを頼まずにはいられませんでした。とにかくエビ立派!身もブリブリしております。添えられている春雨揚げタマリンドソースに染みてらかくなってきたところを頂くのがまた美味でございました。



IMG_1181_15532703132_m_convert_20141119141235.jpg
Clay Pot Cod - Alaskan black cod caramelized in onion, garlic, black pepper & molasses
こちらはお店で人気の一品です。たらしょっぱいたれに絡まれて土鍋の中に。かなり濃い味なのですが、日本人にはれたお味ですので、が進みます。なるほど、モラセスが入っているのでコクがさらに出るのですね~。



この甘しょっぱさにはこちらが必須でございます↓↓↓
IMG_1186_15345712568_m_convert_20141119141319.jpg
Coconut Rice - Steamed long grain rice, vanilla & roasted coconut flakes
おにぎりのような見た目のこちらはココナッツご飯で、笹の葉(バナナの葉?)に包まれております。ジャスミンライスも好きですが、ココナッツライスもたまりません~。



IMG_1183_14911690303_m_convert_20141119141249.jpg
Spiced Rubbed Wild Boar - Roasted wild boar tenderloin presented w/ an ancho chile sauce & fregola sarda salad
猪肉は肉質がしっかりとしておりますがらかく、不思議な歯ごたえです。また、ラムのような独特のにおいがありますので、好き嫌いが分かれるかもしれません。私は好きです!そしてソースに入っているコーンのような粒々、こちらも銀杏のような不思議な食感でなんだろうと思いながら頂いておりましたが、フレグラと呼ばれるパスタ一種だったのですね。



ベトナム料理の醤油ベースの我々に馴染むお味と、そこにフュージョンの絶妙な絡みを効かせたユニークなものばかりでありました。


や~、もう、から贅沢過ぎです~。実はこの日、私のバースデーランチとしてお友達がtreatしてくれたのでした。さらに贅沢~。というわけで、美味しいものとお友達からのを頂いたランチに。お腹いっぱいの幸せ者です。



おまけ↓↓↓
IMG_1189_15529161761_m_convert_20141119141405.jpg
お友達の「やっぱ、誕生日にはケーキでしょ~」のお言葉に、しっかりと甘えまして、Paris Baguetteへ。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Banh Mi Ba Le Vietnamese Sandwich Deli

本日はColumbus Dayということですが、CAでは特に休日とみなされていないので、普通通りにお仕事学校の方がかったでしょうか。そして、お隣カナダでは米国より一足先に、本日Thanksgiving Dayを迎えました。Columbus Dayとの因果関係は特にないそうで、偶然10月第2月曜日に制定されているとのことです。確かにカナダはアメリカよりも北に位置し、こちらよりも早くが来るわけですから、感謝祭が早いのも適っていますよね。



さて本日は、以前参りましたVietnameseサンドイッチのお店のレポでございます。今回はEl CerritoというBerkleyより少しにございますで、用事がてらにランチを頂くことになり↓↓↓
IMG_7359_14938751959_m_convert_20141014120643.jpg
Banh Mi Ba Le Vietnamese Sandwich Deli
バインミー屋さんへってみました。こちらはSan Pablo Ave沿いにございます、小さなモールの一画にあるお店です。治安がよいとは言いづらい場所でしたが、そういうところにこそ美味しい庶民派のお店があったりしますよね。



IMG_7361_14938807340_m_convert_20141014120729.jpg
店内は狭く、店前に2テーブルばかりイートインスペースがあります。地元の方はto goされている方がいようでした。



IMG_7360_14938806840_m_convert_20141014120715.jpg
やはりバインミー安いです。SF市内ですと地代がある程度転嫁されてしまうのは致し方ありませんが、ローカルものですとお財布にもしいお値段♪



IMG_7363_15125461975_m_convert_20141014120741.jpg
お惣菜コーナーもになります。ん、ん?写真左手中華マンのようなものがそのまま置いてあるのはのせいでしょうか??のせいだと思いたいです。



IMG_7367_14938754979_m_convert_20141014120824.jpg
Bánh Mì thịt - Ham and Head Cheese



IMG_7368_15125082862_m_convert_20141014135003.jpg
Bánh Mì đặc biệt (Combination) - Ham, Pork Cake, Head Cheese and Pâté


上記2つはそっくりですが、一応違います(笑)。そして、どちらもハラペーニョ抜き

こちらのものは、中のの量がそれほど多くありませんので、男性の方であれば、間食がてらに食べることもできるかもしれません。そして、特徴的だったのがパンでございました。サクッ、サクッと驚くくらい軽いのです。周りがさっくり、中がもっちりのタイプともまた違い、不思議な食感でした。現地では屋台フードとして広く食べられているようですが、まさに軽食です。


私は欲張りさんなので、もう少し重い方が好みでしたが、こちらのパン個性が人々をきつけるというのは納得できます。


というわけで、個性的バインミーとの出会いでございました。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Patio Filipino

この、ご旅行や一時帰国などでSFOを利用された方も多いかと思います。そのSFO“Wag Brigade”というサービスがあるのはご存知でしょうか。これは正式に訓練された「癒し犬」“Pet Me!”と書かれたベストを着て空港内を回っているというものです。セラピー効果を利用して、空港利用客をしてくれるワンコちゃんというわけでございますね~。私はまだおにかかったことがありませんが、犬好き人間ですので、ぜひ一度なでなでしたいものです。



さて本日は、以前参りましたフィリピン料理のお話でございます。今回は、San BrunoEl Camino Real沿いにありますこちらのお店へ↓↓↓
IMG_5785_14352891460_m_convert_20140828130228.jpg
Patio Filipino
正確にはフィリピーノではなく、“Filipino-Spanish”スタイルのお料理を提供されているとのことです。世界史知識のない私はなぜスペイン?と思ってしまいましたが、フィリピンはアメリカに支配される前、スペインの植民地だったと知り、ようやく納得。ということで、フィリピン料理はスペイン料理の影響を受けているものも多いようです。



IMG_5779_14536143771_m_convert_20140828130120.jpg
中は、外観から想像したよりも小ぎれいでした。




IMG_5784_14559654703_m_convert_20140828130206.jpg
Kare-Kare - Oxtail, tripe, eggplant, green beans and bokchoy cooked in thick peanut sauce.
このカレカレというのは、ピーナッツソースを使ったOXテール、牛もつの煮込みだそうです。ピーナッツソース濃厚さに加え、OXテールから溶け出したゼラチン質でスープはトロトロ。さらに、本当にこのお値段でよいのでしょうかというほどの量のOXテールゴロゴロと入っております。そして、この料理にえられてくる調味料(写真後ろに薄っすらと写っている小鉢)がバゴオンというアミエビの塩辛。こちらはかなりくせがありましたので、苦手な方もいらっしゃるでしょう。




IMG_5783_14539525915_m_convert_20140828130141.jpg
Sizzling Bangus Sisig - Boneless shredded milkfish topped with spices and served on a sizzling plate.
このバングスという魚はかなりフィリピンで食べられており、はその身が白いことから、英語ではMilkfishと呼ばれるのだそうです。淡白なお味のお魚で、これのほぐし身に炒めた玉ねぎが混ざっております。こちらはお店の一押しのようで、実際にかな~りのツボでした。魚の淡白さを殺さないやさしいお味で、日本人ならば白飯にかけて食べたくなるはずです。



どちらの料理も独特のお味で、なかなかでは頂けないようなものでした。特に後者のお魚料理は、個人的にかなりのお勧め品です!アメリカの食生活ではどうしても不足しがちになってしまいますので、こちらで美味しくカルシウム補給、いかがでしょうか?

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Rangoon Ruby

コミュニティカレッジのSummer Semesterも3週目突入となりました。実は、今期はいつものCSMではなく、Filoli近くにありますCañada Collegeへ通っております。理由は、夏期はとても期間が短いためほとんどの授業が開かれておらず、CSMで取れる授業の選択肢がなくなってしまったからであります。CSM (San Mateo)、Cañada College (Redwood City)、Skyline College (San Bruno) の3校はSan Mateo Countyのコミュニティカレッジなので、一度enrollment完了すれば、このどこのカレッジで単位を取得しても構わないというシステム。たまにキャンパスが変わるのもよい気分転換ということで、頑張ります。



さて本日は、以前参りましたBurmeseのレストランのお話でございます。この日は友達とにわかにランチすることを決めたので、近場ということでSan Carlosへ参りました。

向かった先はLaurel StにありますRangoon Ruby、モダンできれいな造りでございます。お店の写真を撮り忘れてしまいました…(涙)。こちらのお店は開店してから1年と少しで、以前この場所に合ったお店は地中海料理のレストランだったようです。また、Palo Altoのダウンタウンにも、同じく店舗あり。


IMG_3744_14226063276_m_convert_20140701142349.jpg
Tea Leaf Salad - A mix of Burmese tea leaves, fried garlic, yellow beans, peanuts, sesame seeds, lettuce, tomato, jalapeno peppers and dried shrimp
まずはBurmeseと言えば、ティーリーフサラダは欠かせませんね。この、お店の方にサラダ混ぜ混ぜして頂きます。何度食べても、やはり大好きサラダです。各材料のバランスよい感じでございました。



IMG_3745_14062567819_m_convert_20140701142410.jpg
Pumpkin Pork Stew - A delicious stew made with pork, locally grown pumpkin, fresh onion, garlic, ginger and Burmese spices
私が個人的にBurmeseで好きなパンプキンベースのポーク煮込み。こちらのものは田舎者濃い味好きの私にはちょっとサラッとし過ぎておりましたね~。



IMG_3746_14247015172_m_convert_20140701142427.jpg
Country Style Beef Curry - Tender beef in a traditional red curry with onion, garlic, lemongrass and red chili
こちらはゴロゴロ具材で、お肉は柔らかいけれどもしっかりとした感じでございました。カレー自体は(お子様舌の)私には少し辛めではあるものの、風味があって美味しゅうございました。



IMG_3747_14248884074_m_convert_20140701142449.jpg
Nan Gyi Dok - Rice noodles with coconut chicken sauce, yellow bean powder, cilantro and fried onion. Topped with a hardboiled egg and crispy wontons
こちらも私の好きもので選ばせて頂いたのですが、正直一味足りないかなという印象でございました。Nan Gyi(うどんのような形の米麺)も柔らかく、ちぎれてしまっていたのが残念です。


通常ビルマ料理はいかにもアジアンな雰囲気のレストランが多いですが、こちらのお店の造りはイタリアンフレンチレストランのような高級感がありますので、ちょっとお洒落アジア料理を楽しみたい時にはもってこいのお店かと思います。

今度機会がありましたらPalo Alto店でくせになるお味のMonk Hingar(モヒンガ)も頂いてみたいものです~!

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。