スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cafe Colucci

皆様Labor Dayの連休はいかがお過ごしだったでしょうか?我が家は夏場の旅行シーズンもいよいよ最後ということで、旅行へ出かけました。旅からCAに戻ってきて毎回思うのは、やはり気候がよいということです。湿気がなく、すぎずすぎず。まだまだ、ビールが美味しい季節が続きます(笑)


さて、本日はOaklandにありますエチオピア料理レストランのご紹介です。Bay Areaの中では一番エチオピアンレストランが多いこの地域となれば、クオリティも期待大でございます!

IMG_6412_9338819095_m_convert_20130831145627.jpg
Cafe Colucci
Telegraph Ave沿いにありますこちらのレストラン、店頭には人型の黒板があり、ちょっと風変わりな感じです。



IMG_6411_9338818661_m_convert_20130831145610.jpg
3度目のエチオピアンレストラン訪問となりますが、こちらは店名に“cafe”という文字が入っているのが納得小奇麗な空間で、今まで行ったレストランとは違った印象を受けました。



IMG_6402_9338815437_m_convert_20130831145517.jpg



そして、席に着きますとおぉっとなるのがこちらのテーブル↓↓↓
IMG_6397_9338813645_m_convert_20130831145459.jpg
コーヒーなどのが数種類、ガラス板の下に敷き詰められております。美味しいおしゃれですね。



今回はEthiopian Brunch Samplerというコースになっているものを頂きました。

IMG_6403_9341601246_m_convert_20130831145537.jpg
Injera, Sambussa and Azifa Butica Salad
カリカリサモサはもちろん美味しいのですが、写真にぼやけて映っております豆ペーストが非常に美味でございました。Azifaレンズ豆を使ったものでButicaひよこ豆を使ったもののようです。ようはフムスですが、こちらのものは絶品



IMG_6407_9341601506_m_convert_20130831145554.jpg
Doro Wat
定番ドロワットです。こちらのものはちぎったインジェラが入っておりました。どうせwotインジェラに食べるのですから、個人的には入っていない方が嬉しいのですが。そして写真に見えますのは豆シチュークスクスです。


上記の内容に加えまして、さらにミモザ、コーヒー、バクラバセットとなっております。


最初かなり衝撃的だったエチオピア料理も、を重ねるごとに確実に舌に馴染んできている我が夫婦。

こちらはにも述べたとおり、この手のお店にしては雰囲気が明るく入りやすいお店ですので、もしもこれからエチオピア料理に挑戦してみようという方にはお勧めです。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Walia Ethiopian Cuisine

大人でも、日本から海外赴任する場合にお勧めされる予防接種。アメリカですと衛生水準が高いので特に必要なしという見解も多いようですね。しかし、先日Costcoを介して流通した冷凍ベリーA型肝炎感染媒体になってしまったとのことでTownsend Farms Organic Antioxidant Blend, 3 lb. bag 回収が始まりました。先進国と言えどもまだ、あなどれないものですね。(詳しくはこちら
ちなみに私は破傷風、そして抗体が落ちているということで人生2度目のはしかを打ちました。


さて、先月かな~り久々エチオピアンレストランへ行ってまいりました。前回エチオピア料理を食べたのはいつだったのかと確認したところ(こちら1年以上経っており、あの酸っぱさ辛さもすっかりと忘れてしまいました。

IMG_4173_8730013421_m_convert_20130610063935.jpg
Walia Ethiopian Cuisine
去年のエチオピアレストランに続きまして、今回もSan Joseです。やはりこの手のレストランはベイエリアですと、San JoseOaklandでしょうか。



IMG_4178_8730014029_m_convert_20130610063948.jpg
店内はこざっぱりとしております。週末の夕方前と、少し変な時間に訪れたのですが、お客さんはちらほらおりました。まずはエチオピアビールで乾杯!



IMG_4180_8730014203_m_convert_20130610064001.jpg
Injera
エチオピア料理と言えばこれというインジェラ独特の香りと酸味のあるふわふわしたクレープです。特にお子様や男性の方は酸味に弱いので、ここがクリアできないとNGでしょう。



IMG_4183_8731135110_m_convert_20130610064016.jpg
Lamb Key Wot(左) - Freshly made lamb stew prepared in red chili sauce
Gomen(中央奥) - Collard green cooked to perfection with spices
Gored Gored(右) - Lean cubed beef simmered in blend of red pepper and herbed butter


インジェラちぎりながらと一緒にに放り込みます。で食べるので、入り口にはサニタイザーが置かれてありました。


前回のエチオピアン経験からが空いておりますので、記憶があやしいところではありますが、こちらの方がインジェラの酸味を少なく、具もマイルドな気がしました。それとも慣れでしょうか??

以前は「エチオピア料理は1年1回でいいね」と旦那と話をしていたのですが、「半年に1回、いや3ヶ月に1回でもいいじゃん」と心変わり。辛さを中和させてくれるインジェラ酸味がまたたまらなくなってしまったのです。


ちなみに店名Waliaとは“ walia ibex”(ワリア・アイベックス)というエチオピアのシミエン国立公園に約500匹のみ生息するヤギだそうです。なるほど、お店のロゴマークはそれだったのですね~。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

El Mansour

本日、ようやく家のクリスマスデコレーションを片付けました。いつが片付け時か迷うわけですが、さすがにフレッシュリースもすっかり茶色になってしまいましたので。作るのも大変でしたが、ワイヤーで枝をきっちりめているため、ほどくのも一苦労。芯となるフレームは使えるので、機会があったらまたリース作りたいなぁ。


さて、先月、ホリデーコーラスコンサートへ行った帰りに、会場だった教会のすぐ近くOuter RichmondEl Mansourへ寄り、ご飯を食べました。
IMG_1326_8295223254_m_convert_20130111145909.jpg
こちらの立派な重い鉄扉を開きますと...


IMG_1341a_8295226780_m.jpg
アラビア~ンな雰囲気が広がっております。ソファーとローテーブルのダイニングはかなり珍しいですよね。週末でしたが店内はかなり空いておりました。


民族衣装を着た店員さんがやかんを持ってやってきました。お水かなと思っていると↓↓↓
IMG_1335_8294170861_m_convert_20130111150003.jpg
お食事前の民族作法のようで、を洗います。ごしごし。


IMG_1348_8294174553_m_convert_20130111150130.jpg
Casablanca
乾杯はもちろんモロッコビールです。日本ビールに風味が似ており美味しいです。



IMG_1342_8295227184_m_convert_20130111150021.jpg
Pastilla
こちらはバスティラと呼ばれるもので、モロッコの有名料理のひとつ。アーモンド食感がよいミートパイのようなもので、粉砂糖シナモンがふってあります。「お肉に砂糖をかける!?」と半信半疑で口へ運びましたが、衝撃!おっ、美味しい~。こういう食べ方もあるのですね。かなりお気に入りです。



IMG_1347_8295228376_m_convert_20130111150112.jpg
Lamb with Honey & Almonds
ラムくさみなく、とてもらかく煮込んであります。蜂蜜ほのかな隠し味ではなく、甘味が前面に出ていますがしつこくありません。アーモンドはよくモロッコ料理で使われるようですね。



IMG_1346_8294173711_m_convert_20130111150044.jpg
Fish Tagine with Couscous - Sea Bass in charmoula with tomatoes, olives and lemons
モロッコ料理に欠かせないクスクスとともにタジン鍋で煮込まれたシーバスです。このトマトベースのソースがまた絶妙な味付け。



IMG_1351a_8295229536_m_convert_20130111150148.jpg
King Hassan (Banana Fritter), Keneffa (Sweet Bastela with Cream and Almonds)
デザートは見た目から期待通りのお味です。


メインを選ぶとこの他サラダ、スープがついてきますが、これらもかなり美味しかったです。つまりどれをとっても美味しい!地中海料理とはまた違ったスパイスの組み合わせが絶妙な味を作り出すのでしょう。


最後はモロッコ名物の甘~いミント緑茶フィニッシュです。これは大満足


しかしメイン以外は毎回すべて同じとなってしまうメニュー構成なので、頻繁に足を運ぶ方はいらっしゃらないかもしれません。
お店の魅惑的な雰囲気に戸惑いながらも勇気を出して重いを開けてみてはないレストランでございました。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

Gojo Restaurant

フィギュアスケートこちら)を見た後は、HP Pavilionから程近い場所にあるエチオピアンレストランGojo Restaurantで夕食を頂きました。

エチオピア料理は初体験、というかアフリカン料理初体験です。(半ば地中海のモロッコ料理を除いて)


お店の名前“GOJO”とはエチオピアの伝統的な「家」を指すそうです。
IMG_5338_6787122955_m_convert_20120131150301.jpg


店内へ入りますと↓↓↓
IMG_5340_6787124251_m_convert_20120131150318.jpg
民族チックな絵が飾られています。お店自体はこじんまりとしており、土曜日の夜でしたが空席もあり、ゆっくりくつろげました。


まず、とりあえずいつもの↓↓↓
IMG_5346_6787126977_m_convert_20120131150334.jpg
このエチオピアンビールは、酸味甘味の融合とでも言いましょうか、ところてんのつゆを思い出させるような香りです(笑)



IMG_5351_6787130385_m_convert_20120131150349.jpg
インジェラ
エチオピア料理と言えばこれと言っても過言ではない、主食のクレープ状のもの。テフという穀物から作られており、独特の香りと酸味があり、鉄分が豊富。食感は柔らかくフワフワしています。これは結構苦手な方が多いようですね。



IMG_5352_6787131361_m_convert_20120131150405.jpg
おしぼりのごとく、追加分も自動的にテーブルへ。



IMG_5354_6787132669_m_convert_20120131150419.jpg
Gomen Kitfo(左)とDoro Wot(右)
キトフォとは通常、またはレア牛肉ベルベレというスパイスでマリネしたものですが、ちょっとそちらは勇気がなく、今回はゴメンというCollard Greensハーブバター炒め物の方を頂きました。自家製カッテージチーズが添えられています。
ドロワットドロ鶏肉ワットは肉、野菜、豆類を煮込んだ代表料理インドカレーとよく似ていて、香辛料がばっちり効いています。

具をインジェラの上にのせて↓↓↓
IMG_5355_6787133401_m_convert_20120131150434.jpg
出来上がり!!インジェラで具をつかみ巻きながらで食べるのが流儀だそうです。大人数で行った方が、具がもっと選べてよいかと思いました。


インジェラ酸味ベルベレ辛味、お子様にはかなり厳しそうですが、ひとつ言えることは食べる面白さはあります!


かなり好き嫌いがはっきりしそうなエチオピアン料理でしたが、私的には、ふと思い出した頃にまた食べに行きたい料理でありました。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。