スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋御膳

栗拾いをした後(こちら)の我が家の栗の行方をUPしたいと思います。

まずは、拾いたての栗さん達↓↓↓
IMG_1002_6366811435_m_convert_20111122155032.jpg
栗の扱いが分かっていなかった私は、まだ色づいていない子達もいるので、熟成させておこうと思い、拾ってきた栗をそのまま数日間放置していたのですが、ダメなんですね…


集荷したての栗を2~3日放置すると白い粉をふいたようになります。それは鬼皮と渋皮の間に産み付けられた虫の卵が、幼虫になって活動を始めたためです。そこで次の処理を行っておくと虫が死んで安心して貯蔵できます。

2リットルの水を鍋に入れて火をかけ、水温が80度になれば、栗1キロを素早く入れる。火を弱くして80度以上にあがらないように注意して1分間浸漬したら水を切る。(水量対栗の量、水温、時間の厳守)
※兵庫県篠山市HPより


急いで我が家の栗を確認してみましたが It's too late…、まさに上記のような現象が見られました(悲)

仕方なくその栗をはじきまして、さらに再検査ということで、しばらく水に栗を浸しておきます。すると浮いてくるものは、中でに食われている可能性がとのことでこちらもまたはじきました。結果合わせて5分の1もダメにしてしまいました。
※栗虫は人間に害がないので食べられないわけではありませんが、味が落ちてしまいます。


栗剥きも当然初めての経験でしたが、こんなに大変なものとは思いませんでした。特に今回拾ってきた栗がさかったので、作業効率もかったのだと思います。ばーちゃん、今まで栗剥き手伝わなくてごめんよ~。


なるべく渋皮煮にしたかったのですが、つけてしまったものは渋皮も剥いてマロングラッセに、さらにその前にけてしまったものはお料理用に回すことにしました。


小粒でおしとやかに↓↓↓
IMG_2326_6339755238_m.jpg
生き残ったものだけに与えられた渋皮煮の勲章。



という訳で秋御膳に仕上げてみました↓↓↓
IMG_2329_6339004677_m_convert_20111122155106.jpg
ちょうどRanch99さんま(台湾産)が鮮魚コーナーに売っておりました。ジューシーさに少し欠けますが、贅沢は言えませんね。栗ご飯崩れたを使っているので見た目は悪いですが、味はばっちりです。野菜蒸しの味付けは最近お世話になっておりますつけてみそかけてみそ。そして、隠れた主役、箸休め渋皮煮様です。


次回はを使ったお菓子を紹介させて頂きますね!!
関連記事

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

皮むき、お疲れ様でした。。

私も栗の皮むきをしたのはアメリカに来てが初めての経験でした。(アメリカで主婦スタートだったもので。)大変なんですよねー、、、去年すっぱりざっくり親指を切り、失神寸前になって以来、重度のトラウマです。。punch8392さんもお疲れ様でした。栗は、虫もそうですが、新鮮であればあるほど剥き易いそうなので、手に入ったらすぐ剥くようにしています。虫がつくということは99 Ranchなどの栗はこうした下処理が済んでいるんでしょうね、きっと。

shina_poohさん

確かに、栗剥きは手を気をつけなければなりませんね。だんだん、集中力がなくなってくる時が特に。

きっと、売られている栗は虫止めの処理がされて売っているのでしょうね。
しかもRanch99の栗は大きいから剥きやすそうですね~。

100均の栗剥きナイフも結構すぐれものと聞いたので、来年は検討してみます(汗)

No title

いいですね。そうそう、ここも行きたいと思っていて、今年行けなかった場所の一つ。

きゃー、なんておいしそうな秋御膳!
もう何年も食べてないですが、
お店に並んでいる茶色くなったお尻の栗ではなく、
採りたてのお尻が白い栗って、ホントにおいしいのですよ。
囲炉裏に放り込んで焼き栗にしたり、
茹でて半分に切ってスプーンでほじくって食べたりしたものです。
来年こそは、ココの栗拾い、行きたいです。

Reikoさん

囲炉裏に栗を放り込むなんて、なんか日本昔話の世界ですね~。
アメリカにきて、まさか栗拾いができるなんて、夢にも思いませんでした。
Reikoさんも来年はぜひぜひ、行ってみてください。

今年のお正月は、栗がおせちの一品になりそうです!
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。