スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aurora Tour in Yellowknife

Thanksgivingの連休、去年はグランドキャニオン・モニュメントバレー・アンテロープキャニオンへ。今年は悩んだあげく決めた旅行先はカナダのイエローナイフです!

本当は暖かいところに逃亡したかったのですが、気力と体力があるうちに極寒の地へ乗り込むことに決めたのでした。渡米が決まってから、一度はオーロラを見てみたい思っていたので、よい機会となりました。


しかし、イエローナイフへ日本から行くのもアメリカから行くのも、さほど金額的にも時間的にも変わらないというショッキングな事実もありました。今回の旅路は…

往路:サンフランシスコ→トロント→エドモントン→イエローナイフ(乗り継ぎ含め約16時間)
復路:イエローナイフ→エドモントン→バンクーバー→ロサンゼルス→サンフランシスコ(乗り継ぎ含め約9時間)

かなりの経路ですが、フライトのお値段時間を見て、これでも中間策をとったような感じです。


近いのに遠いイエローナイフ、ようやくたどり着きました↓↓↓
IMG_2438_6422139315_m.jpg
Polar Bearちゃんが空港でお出迎え。



イエローナイフのダウンタウン↓↓↓
IMG_2617_6422223555_m.jpg
さな町で、特に観光するところもありませんし、美味しいものにもありつけません。寒いのであんまり出歩くムードにもならずでした。



IMG_2446_6422143423_m.jpg
ご当地ビールを飲んで、ホテルに引きこもり、夜から始まるオーロラツアーに備えます。



私が参加したオーロラツアーは22:00~翌3:00でした。過酷な昼夜逆転のスタイルも全てはオーロラのためです。

自然現象なのでここまで行けば簡単に見れるというものでもなく、天候条件によりけりで、3泊すれば見れる確率は95%と言われています。これでも、イエローナイフは北欧やアラスカに比べ見える確率が高いのだとか。オーロラですね。


ツアーは凍った湖の上をスノーモービルが牽引するそりで移動し、市街から離れた観測場所へと向かいます。

ちなみに、こちらは昼間にオプショナルツアーで行った犬ぞりです↓↓↓



そんなこんなで色々ありましたが、3夜中1夜だけ素敵なオーロラを拝むことができました!!が満点に散りばめられた空に出現する神秘的な光は今でも胸に焼き付いています。皆様にも少しだけおすそわけいたしますね↓↓↓
Northern+Lights_6429124263_m_convert_20111130164918.jpg



関連記事

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

すごっっ!!!

わお!!
オーロラ見れたんですねーーー!!!
お裾分けの画像にかじりついちゃいました!!!
めっちゃくちゃキレイーーー(≧▽≦)☆

私もいつか見に行きたいっっ!!!
でも…カリフォルニアの冬でさえ「寒い!」連発なのに
マイナス24℃の寒さに耐えられるかなぁ(^^;)
犬ぞりも乗ってみたいけど顔が凍りそう…。。。

ちぃ助

おかげ様でなんとか見れたよ~。行くのに大変な甲斐もあり、とってもキレイでした。

体感温度はマイナス20度よりもカリフォルニアの今の時期の方が寒いかも(笑)それは言いすぎにしても、意外といけるもんだよ!!
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。