スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bent Creek Winery

Concannon Vineyardこちら)に続いて、Livermoreのワイナリー巡り2軒目は、メインの通りから少し南下したところにあるBent Creek Wineryです。

オーナーさんが1980年にこの土地を購入した当初は、郊外に土地を買いたいという理由のみで、ワイナリーの計画は一切なかったのですが、いろいろ人との出会いを経て2002年に正式にワイナリーを設立したそうです。人生どこで転機が訪れるか分からないものですね!
IMG_7200_7196679040_m_convert_20120602131520.jpg
ぶどう畑を抜けてワイナリーへ向かいます。


こちらは少しまった場所にあり、規模が大きくはない割りには、結構な人でわっておりました。金~日の週末のみの営業なので、余計に人が集中するのかもしれません。
IMG_7210_7196687594_m_convert_20120602131537.jpg
ワイナリー側の方々も飲みながら顔を真っ赤にして、接客しております。ですので、カウンター越しではありますが店員とお客さんの垣根がなく、フレンドリーなのも人気の理由のひとつかもしれません(笑)。



IMG_7218_7196697406_m_convert_20120602131554.jpg
お外でくつろぎながらTastingを楽しまれている方々もおります。



IMG_7206_7196684384_m.jpg
オリジナルワイングラス。


ポートワインを抜かしても、8種類もの試飲をさせてくれましたが、Tasting Feeは$5。いや、ワインを購入すれば戻ってくるので、実質かかりません。これは大盤振る舞い!これが人気の秘訣2つ目の理由でしょう。


今回は2008 Livermore Valley CABERNET SAUVIGNON2008 Livermore Valley PETITE SIRAHをお買い上げ。


わきあい合いゆえ、細かいワインの説明はあまりしてくれないので、人によってはNGな方もいらっしゃるかもしれません。逆に、楽しい中で飲むと、もっと美味しく感じれるという方もいらっしゃるでしょう。



2軒目にして既に16種類の試飲を終えて超パヤパヤな私は、お抱え運転手(旦那)とともにさらにはしごするのでした。
関連記事

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。