スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Summer Vacation 2012 ~ White Sands National Monument ~

夏休み2日目Mesillaでブランチ後、さらに北上します。

途中「Border Patrol Checkpoint」(不法入国者の検問)があり、パスポートと免許証を提示し、職業、当日の行き先の質問に答えてスルーしました。

検問所を越えますと、目的地はすぐそこです。
IMG_9176_7708801918_m_convert_20120819114240.jpg
White Sands National Monument

Visitor Centerに立ち寄り、そりを購入していざ出陣

Dunes Driveを走ると程なく着くのが、Dune Life Nature Trail(1mile loop, 1h, Moderate)。
こちらのトレイルは周辺の砂漠に生息する動植物の観察トレイルで、説明看板を順番に辿って1周するようになっております。とは言え、大半の動物の活動はになりますので、日中はそのトラック(足跡)の確認のみ。しかし、これが結構面白いのです。虫、ヘビ、トカゲ、さらにはロードランナーのトラックもあるのですから。


たった1Mileでしたが、なにせ7月下旬という真夏で気温は100F炎天下でさらに砂を歩くのですから、なかなか進まず大変でしたが、このためにパワーを費やしたのです↓↓↓
IMG_9029a_7708765716_m_convert_20120819113959.jpg
Blueish Whiptail Lizard

IMG_9049a_7708769884_m_convert_20120819114036.jpg
Bleached Earless Lizard

白のトカゲちゃん達と出会えました~。もちろんこれらはアルビノ種ではなく、カモフラージュのため自然に色を変えてきたのです。爬虫類雑誌に載っていて、ずっと見てみたかったんです~。


憧れのトカゲちゃん達に出会えて私は大満足で、これで帰ってもよいくらいでしたが、さすがにそれはなく(笑)、さらにDunes Driveを進みます。お次のトレイルはInterdune Boardwalk(650 yards, 20 min, Easy)。
IMG_9065_7708771444_m_convert_20120819114050.jpg
トレイルというよりはお手軽なお散歩。ボードウォークの上は砂と違って歩きやすく、車椅子やベビーカーでもアクセスが可能です。


こちらを離れてさらに進みますと、何やら不思議なものがポツポツと見えてきました↓↓↓
IMG_9069_7708772328_m_convert_20120819114110.jpg
ピクニックエリアです。こんなところでもBBQグリルがあるんですね~。園内には飲食店がないので、これもよいですね。


そして、途中ほどよい傾斜を見つけて、車を止めます。だって、これがしたいんですもの↓↓↓
IMG_9072_7708772948_m_convert_20120819114127.jpg
雪すべりならぬ“白砂すべり”。Waxも念のため買って、準備万端。いい年をした旦那も童心に返り、はしゃいでおりました。しかし、砂坂を上るのは結構大変な割には、すぐ滑り終わるのです...。ちなみに、このそりをレシートを持ってVisitor Centerへ返却すると$5バックされます。

ところで、こんなに暑い中でそりなんて、砂の温度が気になりますよね。
IMG_9048_7708769702_m_convert_20120819114015.jpg
実はこれは砂ではなく、石膏の結晶なので、真夏のビーチの砂のように暑くはなりません。


さて、夕暮れが近づいてきました。日中は太陽の光に照らされて真っ白な景色でしたが、砂漠の姿も変化していきます↓↓↓
IMG_9160_7708797468_m_convert_20120819114218.jpg
砂丘や風紋にも少しずつができ始め、その輪郭を映し出します。


IMG_9114a_7708784764_m_convert_20120819114143.jpg
“明るい白の世界”が一変して、幻想的なコントラストを織り成します。


IMG_9125_7708787996_m_convert_20120819114158.jpg
夕日が沈む間際は夕焼けが反射して、風紋がピンクのネオンのようなを放ちます。


昼間の“白の世界”もよいですが、この夕暮れ時が格別にきれいでした。なんだか違うへきたような錯覚まで覚えます。


白の世界に酔いしれた私達は、その酔いを醒ますために地ビールを購入しAlamogordoのモーテルへと向かうのでした。

明日3日目は、ちょっと怪しい街へと潜入いたします。
関連記事

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

No.1218 ホワイトサンズ国定記念物(White Sands National Monume...

カールズバッド洞窟群国立公園を後にし、ホワイトサンズ国定記念物に向かう。ノンストップだと車で約3時間半から4時間。 途中、Artesia あたりの大きそうな町でランチを取ろうと思...

No.1219 ホワイトサンズ国定記念物(White Sands National Monume...

ホワイトサンズ国定記念物、続き。 「ホワイトサンズを見るなら朝日や夕焼けと共に!」ということで、翌朝再びホワイトサンズへ。ホワイトサンズのゲートは年間通して朝7時にオー

コメントの投稿

非公開コメント

すごい!

こんな夢に出てくるような景色が存在するんですね・・・。
この場にいたら、美しすぎてどう表現したらいいのかわからなくなりそうです。いろんな悩みがふっとびそうな、そんな空気感が伝わってきました。

No title

夕暮れの景色は本当素敵。車のオーバーヒートとかって心配ないの?
トカゲちゃん、私は苦手ですけど先日我が家のリビングにも。。。。。恐怖。

Lilikoi705

そうなんです、本当に神秘的な場所でした。

アメリカも日本も、自然はそれぞれに素敵ですが、広大な自然を見れるのがアメリカの醍醐味ですよね。

eatSFOさん

Death Valleyに行った時はオーバーヒートの注意喚起がされてましたが、あまりそういうのは無かったような?でも、“参加する人はひとり1ガロンの水を持参”というのツアーもありました(汗)

え~トカゲちゃんがリビングにも!夢の共存だわ~、羨ましいです。何の種類なんでしょう?

美しい風紋ですね

こんにちは。
ホワイトサンズの夕暮れの風紋、とっても綺麗ですね。
数年前にホワイトサンズに行きましたが、日が落ちる前に帰ってしまったのが悔やまれます。次回、早朝と日暮れ時の両方に訪れてみたいです。

こんな神秘的なところなのに、国立公園指定じゃないのが不思議なくらいです。軍の施設とかがあるとかいう事情があるようですが、国立公園になったらもっと人を呼べそうですよね。

ぴろりんさん

ご訪問ありがとうございます!

実は行く前にぴろりんさんがホワイトサンズに行かれたブログも拝見させて頂きました。私もアルカリフラットトレイルに行きたかったのですが、何せ時期が時期でして、暑さにしり込みした次第です。(実際、1マイルのトレイルでもかなり辛かったです...)

ぜひぜひ、また行かれる際は、夕暮れ前もしくは日の出後を狙ってみて下さいね!

No title

ずっと行きたかったホワイトサンズでした。素晴らしい場所でしたね。私達のときはそれほど暑くなく(それでも80F後半はあったと思いますが)、むしろサンダーストームが遠くで "どすんどすんっ" 落ちていて大雨も見え、、、幸い現地では降られませんでしたがどきどきでした。白トカゲに出会えたのですね。羨ましい~。うちは足跡だけでした。残念。

shina_poohさん

私が旅行したのは7月末でしたから、おそらく1年の中で一番暑かったのだと思います(汗)

サッ、サンダーストーム!?あの砂漠だと高いものがないので、落ちてきそうで恐いですね。でも遠くに見える分には風景的に面白そうな気もしますが。

しかしながら、本当に素敵なところでしたね。すでにまた行きたくなってきました。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。