スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pho Kim Long Restaurant

昨夜から今朝にかけて、久々にまとまったが降りましたね。そして、今夜もまたかなり強い雨が降ってきました。いよいよ季節の変わり目となってきたのでしょうか。

さて、サウスベイに用事があったついでに、前から訪れてみたかったPho Kim Long Restaurant(※Yelpリンク)へ立ち寄りました。
IMG_1963_8014408519_m_convert_20121023140318.jpg

Great Mallのすぐ近くにある小さなshopping centerの一画にあります。休日の昼頃に行ったのですが、外に並んでいる気配はありません。本当に有名店?と首を傾げながらお店へ。


IMG_1975_8014410833_m_convert_20121023140447.jpg

店名の通りこちらのメインはやはりフォー。ご覧下さい、ショーウィンドゥにもフォー、フォー、フォーの文字(笑)


店内に入るとすぐさま席に通されます。外から見るよりも、店内がかったです。

そして席に着くやいなや、すぐに注文を聞きに来たので“Just a minute please”と答えてまたメニューへと視線を戻すと、他の店員さんがやって来てまた注文を聞かれました。同じ返答をして再びメニューを見ていると、その後すぐにまたもう一度同じく…。というわけでこの混雑振りでも↓↓↓
IMG_1974a_8014410713_m_convert_20121023140432.jpg
回転がめちゃくちゃ早いです。もちろん、料理が出てくるのも、さほど待つことはありませんでした。ちなみにお会計はテーブルではなく、レジカウンターにてのニコニコ現金払いのみですので、精算もまた早いのです!
とは言え、人気のラーメン屋さんのように待ちの人の視線があるわけではないので、急いで食べて出て行く必要性がないのが嬉しいところです。



IMG_1968_8014411994_m_convert_20121023140335.jpg
フォートッピング



IMG_1972_8014412690_m_convert_20121023140409.jpg
Pho Bo Tai - Rice noodle soup with rare beef
まずは牛肉フォーです。日本人に親しみのあるレアなお肉をチョイス。ブロスもあっさり、しっかりしていて良い感じです。



IMG_1970_8014410017_m_convert_20121023140350.jpg
Pho Ga Dai Tuoi Long Kim Long - Rice noodle soup with hen chicken meat
鶏肉の方(フォー)は内臓含め全部入りです。注文時、“everything?”と再確認されました。焼き鳥でも一番好きなのはレバーと答える人間ですから、当然こちらをオーダーするわけです。ただ、全部入りだとフォー自体が当然ながらあっさりなので、もつskinの食感・味がありのままと過ぎるので、最後にはちょっときつくなりました。とは言え、white meatのみですときっと私には物足りないのだと思います。


こちらのフォーは麺自体が結構しっかりとしておりましたね。フォーにもこしがあるのだな、と思いました。スープの中で一度、麺を軽くほぐすなんて作業は要りません。


そしてこちらは、やたらスープの量が多いです。大盤振る舞いなのは嬉しいのですが、お肉が散らばって浮いていたので、見た目的にかなり寂しく見えてしまいました。決して実際の具が少ないというわけではございません。まぁ、fancyなお店ではないので、この点は全く咎めるポイントにはならないのですけどね。


サウスベイにはたくさんPhoレストランがあるのでよいですね~。もうちょっと気軽に行ける距離だと嬉しいのですがっ!
関連記事

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。