スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pâtisserie Cacahouéte Paris

一時帰国ということで、蒸し暑い日本で1週間過ごしてきました~。

日本に帰ったら絶対に行こうと決めていたお菓子屋さん、Pâtisserie Cacahouéte Paris(カカオエット・パリ)のご紹介です。

こちらのお店は中目黒の路地に入ったところにあるお店です。2006年にオープンして、たちまち人気店になった訳はシェフの経歴を見たら納得です。

ジェローム・ケネルシェフ「プラザ・アテネ」「トゥール・ダルジャン」「ラデュレ」「ルカ・カルトン」「ピエール・エルメ」

ひゃあぁぁ~!!!しかもさらにびっくりすることに、シェフは私と同い年!!この若さで、これだけのことを成し遂げられているとは。


ちなみに製造責任者となっている奥様(椛澤貴子さん)も「ラデュレ」「ピエール・エルメ」で修行されているすごい方で、そのお姉さまは私と同じ町に住んでいらっしゃって、シェフのお菓子に対するこだわりの話をアメリカで聞くことができました。


こちらがお店の外観です↓↓↓
IMG_9693_5878103871_m_convert_20110702085056.jpg
フランス国旗が目印です~。


今回選んだケーキはまずこちら↓↓↓
IMG_9699_5878106747_m.jpg
PURE POMME AOMORI
真ん中に潜んでいるのは津軽りんごのタタンです。たっぷりの青りんごピューレ(下段)やシナモン味クリーム(上段)と一緒に頂きます。そして、こちらのお店の売りはこのようなカップデザートストローという楽しくかわいいスイーツなんです。


さっぱり系の後はこってり系のスイーツで↓↓↓
IMG_9697_5878105817_m_convert_20110702085113.jpg
シューキューブ(左)
四角いシュークリームです!!上にはお店のキャラクターのリス柄の板チョコが。中のカスタードクリームシャンティはもの凄くあっさりしていて、いくつでもいけちゃいそう…。フランス仕込のシェフだからこてこての甘いお菓子を想像していたら、よい意味で期待を裏切られました。

クードゥショコラ(右)
チョコレートフランボワーズの組み合わせ、これ鉄板ですよね~、大好き。そして面白いのが、ざっくりミルクチョコレート&ナッツでコーティングして、さらにグラサージュをかけているところ。見た目もハート型でかわいらしいです。



店内ではこのように4~5席のイートインスペースがあり、アールグレイのお紅茶とともに美味しく頂きました。


こちらのお店は東日本大震災の被災地である陸前高田チョコレートを送られたようです↓↓↓
IMG_9700_5878668626_m_convert_20110702085135.jpg



そして、品川のエキュートでこちらのお店が催事に出店されていたので、またまた足を運びました↓↓↓
IMG_9687_5878662218_m_convert_20110702085002.jpg


先ほどご紹介したシューキューブ達がずらり↓↓↓
IMG_9689_5878663026_m_convert_20110702085039.jpg
四角いので隙間なく効率的に並べられますね(笑)


味はもちろんのこと、こちらのお店のショーケースを見てすごく感じたことは、ケーキひとつひとつの見栄えが完璧なこと。あれっ?コンクールじゃないよね??と思うほど。
有名店でも結構、荒仕上げなお店は多いですが、こういうお店はケーキに対する愛情を感じます。










関連記事

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。