スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台

一時帰国2日目は東京から郡山へ向かい、友達の結婚式に参加してきました。
福島も風評被害で経済が潤っていないでしょう。こういう時に結婚式を取りやめないで挙げてくれることはとても明るい力となるに違いありません。


そして、一時帰国3日目は郡山から仙台に向かいます。まずはお昼の腹ごしらえということで、家族と合流して牛タン


仙台の牛タン屋さんの中でも美味しい利休に行きました↓↓↓
IMG_9759_5883830124_m_convert_20110703143839.jpg
仙台では牛タンには麦飯とろろの組み合わせなんです。定食にはテールスープもついてきます。
お肉が厚くてとてもジューシーですよ~。


そして、ランチの後は旦那が15年ぶりくらいに仙台にきたというので、仙台市内観光。

仙台市内の観光名所を回っている観光バスループル仙台(一日乗車券600円)に乗り、青葉城へ向かいます↓↓↓
IMG_9779_5883268803_m_convert_20110703142331.jpg

バスの車掌さんも、途中少しガイダンスをしてくれたり、降りるお客さんに次のバスの時間を教えてあげたりと、とても親身な対応で、ちょっとおせっかい?な位がなんだか田舎っぽくて好きです。

広瀬川を越えると市街地からだんだん住宅地、そして山の方へと進んでいきます。
途中、通常ルートではなく臨時ルートでバスが運行されたのは、まだ震災で崩れた場所が通行止めになっており、迂回するためでした。このバス自体も再開したのは最近の模様。


そして青葉城へいよいよ。
こちらはご存知の方も多いかもしれませんが、お城はありません。資料館があり昔の姿を知ることはできますが、現在は城跡だけなのです。

しかし、お城は高い位置に存在するため、仙台の街を一望できるんです↓↓↓
IMG_9770_5883832258_m_convert_20110703142514.jpg
この日は運よく、梅雨間の晴れ空でした。


こちらが武将マニアにはたまらない伊達政宗公↓↓↓
Masamune_5860172448_m_convert_20110703142428.jpg
旦那が画像を編集しているので、ちょっと迫力ありの殿君。


お城を後にして、街に戻ります。

杜の都仙台、仙台駅から徒歩15分くらいのところにある定禅寺通りはまさにケヤキでいっぱいです↓↓↓
IMG_9781_5883269157_m.jpg
こちらの通り、冬は光のページェントというイベントをやっており、ケヤキにたくさんの電球が灯され、とてもロマンチックな通りとなりたくさんの方々が訪れます。


仙台の街でもまだまだ震災の修復が行われている箇所はありますが、街も活気を取り戻しているように感じました。

そして、「私達は負けない」「がんばっぺ東北」などあちらこちらで見かけた、震災復興の意気込みの言葉。


やっぱ東北の人間は強いんです!!




関連記事

テーマ : 日常生活:日本
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。