スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bun Bo Hue An Nam

先日、カレッジのクラスメイト(台湾人)の子が、私の教科書を覗き込んだ際に、そこに書かれてあったメモ書き「一般大衆」という文字を見て、“Do you understand Chinese!?”驚きながら尋ねてきました。日本人は日本語と漢字を交えて使うという旨を説明すると、不思議そうながらも納得。そして、今度は私がその子の教科書を覗き込むと、そこにはなんと「大衆の」というメモ書きが!今度は私の方が仰天して、同じく聞き返すと、彼女は全く日本語が分からないとのことですが、「の」は書くのも便利だから使っているのだそうです。いや~、驚きました。


さて、本日はになると欲するVietnameseのお店のお話です。San Joseにありますブンボーフエが食べられるお店へ行って参りました↓↓↓
IMG_5616_8958298277_m_convert_20130717154030.jpg
Bun Bo Hue An Nam (※yelpリンク)
ちょっと不思議な名前の食べ物ですが、分解してみますと...
Bun=ビーフン(太麺),Bo=牛肉,Hue=フエ(ベトナム中部都市フエ)
ということです。これでご想像がつきますね。



IMG_5619_8958300601_m_convert_20130717154059.jpg
Bun Bo Hue
もちろん、こちらにを運んだからには、ブンボーフエべねばなりません。うどんのような太さ米麺食べ応えがあります。スープは動物臭さが染み出たお出汁に、ニョックマム酸味が加わったお味で、結構辛いです。辛さに強くない私は、途中でギブアップしてしまいました(涙)。ちなみにメニューには “ngau pin”(ox penis) 付きのものもございますが、今回は勇気が出ず、遠慮しておきました...。



IMG_5617_8958299521_m_convert_20130717154045.jpg
Pho Dac Biet - Filet Mignon + Welldone Flank + Fat Brisket + Soft Tendon + Bible Tripe + Meatball
こちらは普通のフォー。特にもなく不可もなくさっぱり“Dac Biet”というのは英語の“Special”に相当する言葉だそうで、牛肉のさまざまな部位が入っているものです。



そして、暑い夏には嬉しいひんやりデザートでお口直し↓↓↓
IMG_5620_8958301163_m.jpg
Red Bean Dessert
小豆かき氷、これは日本人にはたまらないですよね?正確に言いますと小豆というよりかなり大粒だったので、花豆でしょうか、美味しかったです。そして、日本で定番の練乳ではなく、ココナッツミルクとの組み合わせですが、もちろん最高デザート目当てで、これだけまた食べに行きたいくらいです。



ということで、ブンボーフエ人気店でございますが、私は辛さ負けして帰ってくるという結果になってしまいましたので、あまり私のレビューは参考になりそうもありません。しかし、フォーが食べられるお店はたくさんありますが、ブンボーフエが食べれるお店は貴重ですので、ぜひぜひトライされてみてください。
関連記事

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。