スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻

一時帰国4日目、震災直後からずっと気になっていた石巻の様子を見に行きました。

仙台では街が活気を取り戻していたのですが、津波の大きな被害を受けた石巻の様子がどうしても気になっていて。TVやネットを通じて見る風景と、私の石巻で過ごした思い出の地が重ならず、正直恐かったのです。

行こうかどうか迷ったあげく、やはりアメリカからでは震災のことを映像で見ることしかなかったし、このままアメリカに戻ったら後悔しそうだったので行くことに決めました。


まず石巻駅を降りてから商店街を歩きます。宝石店のガラスが割られたままだったり、がまだ床に残っていたり、壁が剥がれ落ちていたり、商店街はほぼ稼動しておらず、そのままになっているところもまだずいぶん多かったです。

正直、私の高校時代から商店街はすごく活気があったとは言えず、この震災を機会にお店を閉店される方も多いかもしれません。


市街は信号はまだ復活しておらず、警察による交通整理で↓↓↓
IMG_9824_5884008451_m_convert_20110706130013.jpg

がれき撤去のクレーン車↓↓↓
IMG_9805_5884003233_m_convert_20110706125915.jpg

津波で2階部分のみ残る建物↓↓↓
IMG_9811_5884569878_m_convert_20110706125935.jpg


津波の被害が大きい河口付近の建物・家↓↓↓
IMG_9800_5884566944_m_convert_20110706125859.jpg

電信柱にぶつかっている↓↓↓
IMG_9813_5884005247_m.jpg

ぐにゃりと曲がる橋↓↓↓
IMG_9819_5884572060_m_convert_20110706125955.jpg


震災後100日以上経っている風景がこれなのだから、直後は想像するに耐え難いです。

梅雨も手伝って、街には全く人気がなく、しとしとと雨が降っていました。


しかし静な街のあちこちには「ボランティアの方々、ありがとうございます」の張り紙がたくさん。被災していても、人を気遣う気持ちを忘れない、人間味溢れる街なのです。


そして石巻駅は明るく笑顔で私達を出迎えてくれます↓↓↓
IMG_9831_5884575422_m_convert_20110706130030.jpg
駅がロボコンでペイントしてあるのは石巻は近年、宮城県出身の石森章太郎氏のマンガで町興しをしていたからです。

駅のお隣の建物は石巻の観光インフォメーションセンターとなっており、ご当地土産を買うことができます。こちらは震災後、再開して間もないようでした。


こちらではこんなかわいらしいクッキーを↓↓↓
IMG_9834_5884576216_m_convert_20110706130046.jpg
他にもポストカードお惣菜などを購入。

石巻に来て、時間の関係上ボランティアに携わることができなかったので、ただ被害状況の見物にならぬ様、なるべく石巻で産地のものを消費していきたかったのです。


たくさんのボランティアの方々に感謝するとともにこの厚意を無駄にしないよう、そしてこの震災で尊い命を失ってしまった方々にも天国から、以前よりさらに素敵になった石巻を見てもらえるようになることを心から願っています。














関連記事

テーマ : 宮城県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。