スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wild Coyote Estate Winery

Paso Roblesのワイナリー巡り3軒目は少し変わった雰囲気のワイナリーです。


と、その前に道すがら、Thanksgivingっぽいものに出会いました↓↓↓
IMG_2356_11143938395_m_convert_20131231101423.jpg
Thanksgivingに食べられることなく、生き延びたTurkey達です。結構ながいましたので、おそらくどなたかがわれているのだと思いますが、特にケージなどはなく道路に出てきていました。



そしてワイナリーへ到着です↓↓↓
IMG_2363_11143991086_m_convert_20131231101439.jpg
Wild Coyote Estate Winery
こちらはオーナー様が昔住んでいたNew Mexico州北部のインディアン文化を称え、Santa Fe styleの造りとなっているようです。また、敷地内でB&Bも営業しておられます。



IMG_2602_11144000566_m_convert_20131231101622.jpg
こちらでもturkeyにご対面。



IMG_2369_11144154813_m_convert_20131231101452.jpg



Tasting fee$10で、10種類のワインが試飲できます。ちなみにこちらは“House-of-Reds”を謳っていらっしゃいまして、ワインは製造しておりません。すなわちtastingのスタートはロゼからとなります。

IMG_2374_11144016656_m_convert_20131231101509.jpg
ラベルがかわいいですね。


こちらのtasting roomはカウンターが円状になっているのですが、とにかくサーブしてくれるおじさまが半端じゃありません!円の中心でどの方向のお客さんにもおひとりで対応されていたのですが、10種類もあり飲み方のペースも人それぞれなのに、メモなどなしで的確に次のものを注いでくれるのです。タイミングもばっちりです。私が訪問した時はピークで20人くらいのお客さんが一度にカウンターにいたと思います。


帰る頃にはすっかりおじさまのファンになった私。あえて写真は掲載いたしませんが、黒髪で背が低めの、めがねをかけたおじさまです。


IMG_2370_11144157193_m.jpg
オリジナルグラスはtasting feeに含まれておりますのでお持ち帰り


関連記事

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。