スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Korbel

先月、日本からお客様がいらっしゃっていたので、アテンドを兼ねて久々にワイナリーを巡りました。今回のターゲットSonoma方面。普段は、比較的こじんまりとしたwineryを回るのが好きなのですが、お客様がいるので大き目の見栄えがしそうなところ、という観点でワイナリーを選びました。


まず1件目に参りましたのはこちら↓↓↓
IMG_7391_15127990412_m_convert_20141020121019.jpg
Kobel
Brutでお馴染みですね~。写真のワイナリー名のにも書いてありますが、なんと創業1882年という老舗で、Guernevilleにございます。



IMG_7390_14941804868_m_convert_20141020120939.jpg
雰囲気のある建物です。ボヘミア出身の家族が始めたワイナリー伝統シャンパン製法が守られているため、こちらのbrut“KORBEL California champagne”と謳われております。



こちらの歴史を楽しみたいのであればWinery Tour、そしてお庭を楽しみたいのであればGarden Tour詳細)があり、どちらも無料ですので気軽に参加することができますね。

私達は時間の都合上、そのままTasting Roomへ↓↓↓
IMG_7404_15125395301_m.jpg



そして、さっそく、カウンターへと向かいます↓↓↓
IMG_7405_14941681819_m_convert_20141020121054.jpg
わっておりましたよ~。


こちらの試飲でなんと言っても嬉しいのが、free tasting !元々、ワイン自体の価格が安いということはあるのですが、それにしてもこの規模を考えると大盤振る舞いです。



10種類以上ある中から4種類好きなものを選んで飲むことができました。店員さんがスーパーなどに出回っていないものを教えてくれたので、そちらを試飲↓↓↓
IMG_7400_15125390961_m_convert_20141020121035.jpg



また、こちらの敷地内にはしっかりめのDeli併設されておりますので、シャンパンとともにランチも楽しむことができます。


ラベルは高級感がありますが、びっくりするくらいの安さです。この値段であればこれからのHoliday Season、パーティの乾杯でポンポンといくには重宝しそうなスパークリングワインでしょう。


また、ワイナリー巡りの最初の乾杯も、泡もので始まると気持ちが良いものですよね。

この後は、お次のワイナリーへ行く前に、ランチを頂きにHealdsburgのダウンタウンへ向かいます。
関連記事

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。