スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19th Annual Assyrian Food Festival

先週末の土曜日はSan Joseで行われた19th Annual Assyrian Food Festivalへ行ってきました。

どんな食べ物が食べれるのかなぁと興味津々ですが、その前にちょっとアッシリアという私にとって未知の世界を少し調べてみました。

アッシリア(Assyria)は、紀元前2000年紀より前にメソポタミア(現在のイラク)北部を占める地域、またはそこに興った王国・世界帝国。チグリス川とユーフラテス川の上流域を中心に栄え、後にメソポタミアと古代エジプトを含む世界帝国を築いた。
楔形文字の解読によって再びアッシリア人が歴史に大きく取り上げられるようになるのは19世紀以降のことである。
※Wikipediaより抜粋編集

へぇ~、中学校の世界史で習った世界4大文明の基礎ってことなんですね。そしてこちらのフェスティバルを開催しているアッシリア東方教会のHPによると、北アメリカの多くの大都市でアッシリア教会コミニュティーが形成され、その数は300,000にも上るとのことです。


まずは現金をこちらの通貨に両替↓↓↓
IMG_0889_6068143893_m_convert_20110826025143.jpg
$1=?1(通貨単位不明)です。人生ゲームみたい!!


そしてまずは冷製ものから↓↓↓
IMG_0896_6068145789_m.jpg
Taboule (A salad of herbs, tomato dressed with lemon juice and olive oil)。さっぱりしていて、今の季節でももりもり食べれます。


お次は温製もの↓↓↓
IMG_0897_6068691700_m.jpg
Asheh Reshteh。一口目、なんか不思議なお味。レンズ豆、ひよこ豆、短いヌードル、ハーブの入ったスープ。その上にkashk(キャシュク)という乳製品とたっぷりのガーリック・グレープの葉が入ったオリーブオイルがかかっています。今まで食べたことのない種類のお味でしたが、食べるにつれてくせになる感じで、またどこかで出会いたいものです。


そしてやはりメインはこちら↓↓↓
IMG_0903_6068147227_m_convert_20110826025202.jpg
Lamb Kabob


ケバブを焼くにおいもたまりません~↓↓↓
IMG_0890_6068144123_m.jpg


最後はデザートタイム↓↓↓
IMG_0904_6068693240_m_convert_20110826025219.jpg
Nuts Layer cake。ちょっとパサパサしてますが、Assyrian Coffeeとよく合います。このコーヒーは言わばトルココーヒーでしょうかね?お鍋に砂糖挽いたコーヒー豆を入れて煮ていたので。


他にもドルマジャジックバクラバなど中東の代表お料理・お菓子が並んでいました。

来年またこのイベントが開催されれば、第20回目となるので、少し派手にやるかもなぁとまた来年に期待です。
関連記事

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。