スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Salt Lake City

Labor Day連休34日のUtah国立公園(Capitol Reef NP, Canyoylands NP, Arches NP) 巡りが終わり、最終日Salt Lake Cityへと戻ります。飛行機が夕方でしたので、それまで軽く市内観光をすることができました。


まず、Salt Lake CityUtah州の州都で、州の公共機関が集まります。それに加えてこの町にはモルモン教の本部があるのですが、それのもたらす影響経済効果はかなり大きいものだろうと感じました。モルモン教徒がユタを開発したと言っても過言ではなく、現在でもユタ州の人口の半数以上がモルモン教徒のようです。また、2002年の冬季オリンピックの開催地だったことでも有名ですね。

IMG_1250_9863853423_m.jpg
Temple Square
ダウンタウンの中心にありますモルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)の本部がある場所は、とてもきれいに整備された公園のような作りとなっております。もちろん入場無料で特に希望しなければ勧誘があるというわけではないので、気軽に足を運ぶことができます。(実際、私の行った際には一切勧誘されませんでした)



IMG_1251_9863758015_m_convert_20131031131408.jpg



Temple Square内にビジターセンターが数箇所あります。当然モルモン教に関するものではありますが、オープンな感じですので博物館のようです↓↓↓
IMG_1260_9863873993_m_convert_20131031131422.jpg


専任宣教師は外見や服装について厳しい基準が設けられているそうで、こちらでは黒スーツ姿の方が多く見受けられました。


こちらは分かりやすいアメリカにおけるモルモン教池上彰さんの解説です↓↓↓






IMG_1268_9863779764_m_convert_20131031131438.jpg
The Utah State Capitol
こちらの州会議事堂ももちろん入場無料でとても美しい建物の内部を見学することができます。



IMG_1282_9863906823_m_convert_20131031131455.jpg
会期でなければ、実際の議会場も見ることができます。


IMG_1283_9863809746_m.jpg



時間がもっとあれば塩湖の方へも行きたかったのですが、今回は町中心部のみとなりました。


それにしても、無料で見れるもののクオリティの高さにかされました。モルモン教がアメリカでの宗派別平均所得がトップのようですので、ある意味納得です。



市内観光後、飛行機でCAに戻りましてLabor Day連休旅行もを閉じました。今回はUtahた~っぷりと堪能したとなりました。長くなりましたが、お付き合いありがとうございました。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Ottawa ~お食事ジャンク編~

ビザ更新のためのOttawa訪問、前回の観光編に続きまして、お食事編です。まぁ、カナダはアメリカと食生活が大して変わらないので目ぼしいものも特になく、逆にジャンクなもの狙いでいってみました。


まずオタワのショッピング・グルメ中心地となっているのがByWard Marketで、たくさんのPubレストラン、マーケットが並びます。4月初旬はまだ寒く、残念ながらにマーケットの出店はありませんでした。
IMG_3671_8625981129_m_convert_20130502131921.jpg


このByWard Marketの端の方にあるかわいい赤い屋台のお店は・・・
IMG_3665_8627089728_m_convert_20130502131852.jpg
Beavertails Pastry
もはやカナダの名物ともなっているビーバーテイル、ここが発祥の地でございました。


IMG_3668_8627090152_m_convert_20130502131907.jpg
Cinnamon & Sugar(上)、The Avalanche BeaverTails pastry(手前)
名前の由来はこのビーバーしっぽのような形です。平べったいドーナッツ揚げたてをサーブしてくれるので、少し大きいですがペロリでした。


同じくByWard Marketにありますのは↓↓↓
IMG_3679_8627091916_m_convert_20130502131936.jpg
Moulin De Provence Bakery
オバマさんが以前こちらを訪問したことで、未だに“Obama Cookies”宣伝文句にされております(笑)。クッキーの他にもスイーツパン、惣菜が充実していて使えるお店でした。


世界一のファーストフード、カナダ店↓↓↓
IMG_3767_8625997129_m_convert_20130502132046.jpg
マックのロゴの中に小さなメープルリーフが潜んでおりますよ~。


そしてカナダのと言えばこちらを忘れてはいけませんね↓↓↓
IMG_3765_8627106442_m_convert_20130502132026.jpg
Tim Hortons
カナダでメジャーコーヒー屋さん兼ドーナッツ屋さん。


IMG_3768_8625997253_m_convert_20130502132102.jpg
ミスドによく似ておりませんか、この雰囲気??


IMG_3771_8627107534_m_convert_20130502132117.jpg
旦那と2つずつ(計4つ)レジで頼んだところ、6個入りと値段がほとんど変わらないと言うので、6個入りパックで購入。ジャンク食べすぎです...。


こちらはケベック州を中心に広がるカナダ名物料理↓↓↓
IMG_3728_8627100546_m_convert_20130502132008.jpg
Poutine(プーティン)   ※Smoke's Poutinerieにて
フライドポテトグレイビーソースと、押し固める前のチェダーチーズの粒をかけたファーストフード形式の食べ物。ポテトだけでも高カロリーなのに、そのうえグレイビーチーズですから、恐ろしい。これは絶対にアメリカ人も大好きなはず!そして、も大好きです...。


というわけで、アメリカにありそうでなさそうなカナダ食でございました。ジャンク万歳!!
一応ジャンクフードだけではなく、ディナーには小洒落たレストランにも参りましたよ。(←言い訳です)

そして、Pubが本当にあちらこちらにありますので、ビール美味しい時期になればさらに楽しめること間違いなしのオタワです。

無事にビザの更新を終えて戻ってきたカリフォルニアは、それはそれは暖かく感じられました。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Ottawa ~観光編~

今月初旬ビザ更新のためにカナダの首都、オタワへ行った際の訪問記です。
まず、とりあえずとても寒くて、正直あまり観光という感じではなかったのですが、ビザ更新のタイミングなので仕方ありませんでした(涙)。

オタワは行政機関が集中しており、博物館美術館ホテルなどもそれに合わせてコンパクトにまとまっていますので、観光しやすい都市です。また、ヨーロッパ調の建物が並んでおり、風情ある街並みです。

IMG_3723_8627099686_m_convert_20130429141106.jpg
Fairmont Château Laurier
このお城のような建物はオタワを代表するホテルです。今回は出張扱いだったので、こちらに泊まらせて頂きました~。ゴージャス、ゴージャス。


IMG_3784_8627110042_m_convert_20130429141135.jpg
Canadian War Museum (カナダ戦争博物館)
こちらは見せ方がとても工夫されてある博物館でした。見るだけではなく、体験型でお子様も飽きずに見て回れるのではないでしょうか。


IMG_3662_8627089554_m_convert_20130429141036.jpg
National Gallery of Canada (カナダ国立美術館)
ヨーロッパ調の建物が多い中、モダンな作りでひときわ目を引くのは美術館です。六本木を思いださせるような大きなくものモニュメントが目印です。


IMG_3661_8625979573_m.jpg
Cathedral Basilica of Notre Dame (ノートルダム大聖堂)
2つの銀色の尖塔を備えたオタワで最も古い教会です。写真で見るより実際には、かなり銀色ぎらぎらとしておりました。


IMG_3652_8625978073_m_convert_20130429141019.jpg
Royal Canadian Mint (カナダ造幣局)
こちらはコインを製造している造幣局(mint)で、製造工程を見学できるツアーが実施されております。お土産売り場では金貨も販売されておりますよ~。


IMG_3735_8627101522_m_convert_20130429141119.jpg
Rideau Canal (リドー運河)
全長202km世界遺産の運河です。に凍った運河は世界最長7.8kmスケートリンクと化し、人々がスケート通勤を!また、「チューリップシティ」と呼ばれるオタワですが、この時期(5月)は300万本チューリップが運河沿いを埋め尽くします。



IMG_3689a_8627093594_m_convert_20130429141050.jpg
The Parliament Buildings (国会議事堂)
オタワのシンボル国会議事堂です。カナダ建国100年となる1967年に点火されたセンテニアル・フレームの炎が燃えており、(6月下旬~8月下旬)には、カナダ王室騎馬警察隊による衛兵交代式が行われます。また、訪れた人が皆、を呑む図書館はツアーで見学することができます。



オンタリオ州とケベック州の境界となっているオタワ川を渡り、ケベック州側から見た国会議事堂↓↓↓
IMG_3799_8626003335_m_convert_20130429141150.jpg



そして、こちらが宿泊した部屋から見えた国会議事堂↓↓↓
IMG_2187_8625977513_m_convert_20130429141007.jpg
オーシャンビューならぬ“国会議事堂ビュー”のお部屋も贅沢なものでございましたよ。



寒いながらもこれら全て徒歩で回りました。

オタワ観光編に続きまして、お次は食べ物編です。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Channel Islands National Park (4)

Channel Islands NP旅行も最終日の4日目です。
この日は帰りがてらに軽くSanta Barbara付近を観光します。

IMG_3141_8503630527_m_convert_20130321121119.jpg
Stearns Wharf
残念ながら曇り空でしたので、ちょっとイルカ達も寂しそうではありますが…。
こちらはピアとなっておりシーフードメインのレストランやお土産ショップなどがあります。


海岸沿いを歩いておりますと、ふと人魚と出会いました↓↓↓
IMG_3139_8503629175_m_convert_20130321121054.jpg
ん、人魚なのにサングラスをかけて、日光浴をしているではありませんか!?しかもバナナを持っています!そう、これはモニュメントではなく、どなたかがで作り上げたものだったのです!!信じられない力作でございました。



この後、ミッションへと移動します↓↓↓
IMG_3168_8503636515_m_convert_20130321121136.jpg
Old Mission Santa Barbara
Santa Barbaraシンボル的な存在で、観光バスなどもきておりました。



そしてSanta Barbaraを離れるわけですが、さらに帰りがてらもうひとつミッションに立ち寄ります↓↓↓
IMG_3175_8503690503_m_convert_20130321121151.jpg
Old Mission Santa Inés
このミッションはデンマーク村であるSolvangに位置します。以前、一度この町を訪れたことがあるのですが、その時はデニッシュにしかが行かず、ミッションの存在すら把握しておりませんでした(涙)



2つのミッションを巡った後は、ちょっとをそれまして、あの跡地へ向かいます↓↓↓
IMG_3186_8504812402_m_convert_20130321121207.jpg
には入れませんので、ゲート外の写真のみですが、こちらはマイケル・ジャクソンが住んでいたあの有名な“Neverland”。遊園地、動物園が併設されていただけあって恐ろしく広大な敷地です。看板も何も残っておらず寂しい感じでしたが、塀にはファンの方が彫った“Love MJ”などの文字がたくさんありました。



そして101へと戻り、ぐんぐん北上します。途中、休憩がてらにPaso Roblesワイナリーに立ち寄りました↓↓↓
IMG_3232_8504852316_m_convert_20130321121234.jpg
Eberle Winery
“eberle”とはドイツ語で“small boar”という意味だそうです。なるほど、それでイノシシの像があるのですね。そしてこちらのtastingですがワインリストの中から5種類試飲できて、無料でございます。やはりナパソノマとは違いますねぇ、Central Coast万歳!


そして、ある程度の人数が集まり次第、Cave Tourが行われております。ワインの説明を聞きながら、の香り漂う洞窟の中を歩きます↓↓↓
IMG_3207_8503736103_m_convert_20130321121221.jpg
なんと、こちらも無料でございますよ!


時間の都合上、今回は1軒しか訪れませんでしたが、またPaso Roblesに、今度は温泉付きでゆっくりとワイナリー巡りもしたいものです。



この後はまっすぐ家まで帰りまして、Channel Islands NPの旅が終了となります。
ただ、あとひとつだけ別記事で、Santa Barbaraで出会った生き物達を綴り、締めくくりたいと思いますので、もう少しだけお付き合い下さいませ!




テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Miami to Key West ~ お食事編 ~

さてさて数回に渡り綴らせて頂きましたMiami~Key West5泊6日の旅行ですが、今回もいろいろな食べ物と出会うことができました。その中でも、名物や変わったものなどをピックアップしてまとめてみようと思います。

IMG_1401_8328248901_m.jpg
Cuban Style Ale
この辺りのローカルビールのお勧めはこちら。リカーショップでもレストランでも置いてありました。


IMG_1474_8329319256_m_convert_20130126051805.jpg
Deep-fried Flog Legs  〔Everglades, Miccosukee Restaurant(※tripadvisorリンク)にて〕
Shark Valley付近のUS-41沿いにあり、地元Miccosukee族のお料理を食べることができます。こちらのflog legs両足が股からつながっているので、ちょっとリアル。他にもDeep-fried Aligatorを頂きました。は求めない方がよいですが、この辺りはレストランに乏しいので、休憩がてらにはよいでしょう。


IMG_2072_8331349435_m_convert_20130126052106.jpg
Marney(左) and Wheat(右) Shakes  〔Miami, El Exquisito Restaurantにて〕
キューバ人街Little Havanaのレストランで頂きました。正確にはBatidoと呼ばれアイスクリームが混ざったシェイクとは違いスムージーに近い感じでしょうか。南米フルーツMarneyスイカを足して2で割ったようなお味?、またWheat優しく香るお味で、両者ともお勧めです。フルーツスタンドでも売られております。


IMG_1560_8328274741_m_convert_20130126051831.jpg
Stone Crab 〔Miami Beach, CJ's Crab Shackにて〕
東海岸かにと言えば(フロリダ)ストーンクラブです。このお店のあるOcean Drはテラス席が連なっており、雰囲気が楽しいです。澄ましバターとともに頂きましたが、ちょっと部分が少なくて、面倒な感じは否めませんでした。また有名店Joe's Stone Crabは予約を取っておらず、覗いてはみましたが、ありえないくらい人で混み合っていたのであきらめました。ざっと500人は店内にいたのではないでしょうか。



IMG_1711a_8331300899_m_convert_20130126051850.jpg
Ceviche 〔Key West, Shor American Seafood Grillにて〕
ですのでシーフードが美味しいということで、セビチェを。メロンとともに頂くの、ありですね~。またバナナスライスフライが敷かれているのがCubanっぽくてかわいい!



IMG_1809_8332375734_m_convert_20130126051941.jpg
Cuban Coffee 〔Key West, Cuban Coffee Queenにて〕
キューバと言えばコーヒー豆産地としても有名ですよね。Cuban Styleエスプレッソ砂糖たっぷり入り、これとミルクを混ぜたCafe con Lecheが中でも定番人気なのだそう。アイスホットの両方を頂きましたが、どちらも美味しかったですよ~。


IMG_1999_8332390934_m_convert_20130126052001.jpg
Conch Fritter 〔Key West, Mallory Square屋台にて〕
カリブ海料理で欠かせないのがこのコンク貝フリッターチャウダーなどで食べることができます。屋台では揚げたて熱々のものが頂けました!ちなみにKey Westを走る観光トローリーバスは“Conch Train”、また昔アメリカからの独立を求めた時のお国名は“Conch Republic”



IMG_2010_8332393262_m_convert_20130126052022.jpg
Paella   〔Key West, Juan Loves Lucy(※yelpリンク)にて〕
シーフードたっぷりのパエリアです。よくあるサフラン黄色い感じではなくジャンバラヤのような赤い色でした。トッピングには出ました揚げバナナ

また、こちらのお店のテーブルに置かれていたちょっと気になるものが↓↓↓
IMG_2006_8331335325_m.jpg
Cuban Hot Sauce
キューバと言えば、革命家(旧)カストロ議長さん。こんなところでお会いできるとは。


IMG_2044_8332399684_m_convert_20130126052047.jpg
Key Lime Pie 〔Key West, Key West Key Lime Pie Companyにて〕
この島の至るところでおにかかるKey Lime Pie。数件食べたのですが、他よりも中がトロッコンデンスミルクの味がしてこちらのものが私の一押しです!

そして、Key Westの目抜き通りDuval St近辺はたくさんのSaloonがありが賑やかとなります。島自体が小さいですので、宿から車なしで飲み歩くことも可能で、個人的にはその雰囲気が一番楽しかったです。


またまた長~くなってしまいましたが、これにてMiami ~ Key Westクリスマス旅行の記事も終わりとなります。お付き合いの程ありがとうございました。今更ですが、Key WestよりみなさまへMerry Christmas!!
IMG_1725_8331302779_m_convert_20130127044627.jpg
Key West, ヘミングウェイがこよなく愛したSloppy Joe's Barにて

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。