スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bistro Maxine

今日は久々に晴れて気持ちが良いですね~。近所の公園を散歩しに行った時に気づいたのですが、この間まで茶色だった丘が、最近のの後、一面緑になっていたのでびっくりしました。この雨季があるからこそ、北カリフォルニアは大自然に恵まれているのだということをあらためて、思い知らされました。


さて、本日はまたまたPalo Altoのカフェの記事でございます。今回訪れたのはUniversity Ave.にクロスする道を少し入ったところにあるBistro Maxineです↓↓↓
IMG_0962_8156939892_m_convert_20121207054350.jpg




IMG_0966_8156907833_m_convert_20121207054409.jpg
お店は小さく、最初の写真に写るテラス席と、店内に6テーブルくらいでしょうか、数席のみです。ですので、長居はしないでね、ということでしょう、「PCお断り」と書かれておりました。



IMG_0968_8156940762_m_convert_20121207054430.jpg
Butternut Squash Soup
“本日のスープ”よりバターナットスクワッシュスープです。秋の定番スープですが、実はそれまで頂いたことがありませんでした。一口すすって、今まで飲んでこなかったことをすぐに後悔。早速この後すぐにバターナットスクワッシュピューレ(缶詰)を購入し作りました~。



Savory Crêpesより↓↓↓
IMG_0971_8156941202_m_convert_20121207054459.jpg
Nordique - Smoked salmon, house made cream of gorgonzola
ガレットです~。そしてノルディックと言えばサーモンですよね~。くさいもの好きな私はゴルゴンゾーラに惹かれこちらをチョイス。とっても濃厚でございます。食べきりましたが、大きいので後半はこの濃厚さをどなたかに分けて差し上げたいという感じでした(汗)。



IMG_0972_8156908733_m_convert_20121207054515.jpg
Maxine - Egg, spinach, mushrooms, swiss cheese
こちらはそばアレルギーの旦那がオーダーした小麦粉の普通のクレープです。ですので、上記の比べますと色が明るいですよね?そしてこちらは具もお味もシンプル。フレンチスタイルでもこんなにあっさりとした食べ方もするのだなぁと思いました。


というわけで濃厚あっさりクレープをシェアすればベストだったのですが、旦那がそばアレルギーなのでそれもできず...。いつも何かと濃い感じのものを頼んでしまうのですよねぇ、私。


今回、個人的にとっても気に入ったのはこちらのアイスコーヒー。作り置きではなくオーダー後におとしてくれるので、香りと苦味とキレのバランスがとても私好みでした。

また、こちらデザインカプチーノもしてくれるようなので、甘いクレープとともに寒い時期にほっこりお茶もよいかもしれませんね。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

Douce France

あちらこちらの家でクリスマスイルミネーションピカピカし始めましたね。Thanksgivingの連休中に家にクリスマスデコレーションを施された方も多いのではないでしょうか。我が家も裏庭にある木をクリスマスツリーにしてみたのですが、この暴風雨で…。

さて、以前レポさせて頂いたPalo AltoTown & Country Villageこちらこちら)の引き続きレポでございます。個人的に用事があり月に2~3回はPalo Altoへ行くのですが、その度に時間が許せばお茶ランチをしているわけでありました。

IMG_0825_8128331293_m_convert_20121129164832.jpg
Douce France(※Yelpリンク)
お天気のよい日はテラス席も気持ちが良いです。

IMG_0820_8128356944_m_convert_20121129164808.jpg
ショーウインドーにはペイストリー、ケーキ陳列されております。


IMG_1921_8219975700_m_convert_20121129165009.jpg
間違い探しをして時間つぶしもできます(笑)


こちらはbreakfastに行った時のby order↓↓↓
IMG_1919_8219975020_m_convert_20121129164913.jpg
French toast (Pain perdu)
すぎず食べやすいボリューム(2枚)。


IMG_1920a_8218894909_m_convert_20121201132654.jpg
Breakfast sandwiches
クロワッサンハムの入ったサンドイッチ。特にふわふわなわけでもなく、とりわけよいポイントはありませんが、朝食用なのでこんなものでしょうか。

そしてどちらのプレートにもフルーツが添えられています。


こちらはランチタイムの時のby order↓↓↓
IMG_0816_8128355634_m_convert_20121129164751.jpg
Onion soup
くなってきますとオニオンスープが飲みたくなりますね。少し酸味の効いたタイプでした。欲を言えばチーズを乗せた後にオーブンへ入れたタイプだと嬉しかったです。



IMG_0815_8128355346_m_convert_20121129164731.jpg
Misto Sandwiches - Grilled chicken breast with rosemary, sun-dried tomatoes, marinated mushrooms, lemon sauce, radicchio greens, fresh basil and parsley
シンプルな具材のサンドイッチ。たまにはこういうのもよいですね。その日によって種類の違う小菓子ちょこんと付いてきます。この日はマカロンでした~。

そしてBy order以外にもケーキペストリーの方もそこそこ充実しております。

ランチ時は混み合いますが、そこを外した時間ですと程よく空いておりますので、Downtown Palo Altoにあるカフェではしづらい長居ができてしまいます。こちらのコーヒーはフレンチではなくアメリカンな感じではありますが、小さなジョッキで出てくるのでまた長居にぴったりなんです。

IMG_0814_8128328347_m_convert_20121201132724.jpg

お茶を飲みながらおしゃべりする場所としても、学校の宿題をする場所としても(←これは私だけですね…)活躍のフレンチベーカリーでございました。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

Left Bank

初めてBlack Fridayを体験して、本日はへとへとになりました~。普段は楽しい買い物も、眠気と疲れが重なると辛くなるものですね。買い物リストを予め作っておいたのですが、それをコンプリートせねばと半ば躍起になったわけでした。


さて先月、以前同じアパートメントに住んでいて日本へ帰国してしまったお友達と、こちらで再会する機会がありました。そのお友達は帰国後に、Santa Clara本社の会社に就職をして、アメリカに研修のため出張へ来たのでした。帰国後にバリバリ働ける彼女、かっこいいです。

買い物ついでにお友達と待ち合わせたのはSantana Rowぷらぷらとした後、ディナータイムへ突入です。週末だったためかなり混んでおり、お目当てのPizza Anticaへは入れず、今回選んだお店はこちら↓↓↓
IMG_2335_8109841774_m_convert_20121124151917.jpg
Left Bank
写真にひらりと写っております国旗、そう、こちらはフレンチでございます~。今回はせっかくなのでの席へ座りました。


なのでお酒が飲めなかったため、ノンアルコールビールで再会を乾杯します。お恥ずかしい話ですが、往生際の悪い私はよく、車を運転しなければならない時に、ノンアルコールビールを飲むのです。


IMG_2337_8109832913_m_convert_20121124152000.jpg
SALADE DE BETERRAVES - marinated red and Chioggia beets, goat cheese crouton, tarragon and shallot sherry vinaigrette
ビーツが入っているサラダはよくありますが、ビーツメインのサラダはそう多くはないですよね?爽やかな甘味と酸味が美味かったです。ビーツは家で調理するとまな板がすごいことになるので、お外でたくさん食べれるのは嬉しいですね。



IMG_2336_8109842226_m_convert_20121124151935.jpg
TARTE AU BOUDIN NOIR - Alsatian style thin crust tart, boudin noir, apple, potato, mornay, fennel, arugula
こちらはピザではなく、薄く固めのクラストのアペタイザーです。Boudin noir(ブラッドソーセージ)フレッシュな野菜や果物と一緒に食べるとくせを感じることなく食べれてよいなぁと思いました。



IMG_2338_8109842960_m_convert_20121124152021.jpg
JARRET D'AGNEAU BRAISÉ - Burgundy wine braised lamb shank,wild rice mélange, bacon, mirepoix, wild mushrooms
子羊のすね肉赤ワインで煮込んだいかにもなフレンチです。子羊なのでまったく臭みもなく、やわらかく、味がしみたライスと野菜もよいお味。これは一押しです!



IMG_2339_8109833561_m_convert_20121124152038.jpg
RAVIOLIS AUX CHAMPIGNONS - porcini and ricotta ravioli, oyster mushrooms, parmesan cream sauce, shaved Brussels sprouts, blue cheese
きのこチーズをそれぞれ数種類ずつ使ったラビオリ濃厚なのは言うまでもありませんが、そこに芽キャベツが入ると少しフレッシュな感じがしてしつこさがついてきません。


食後にコーヒーお友達カフェラテを頼んだのですが、カフェラテにはバローナチョコが付いてきてちょっと羨ましかったです(笑)


お店サーチをしていた時、Santana RowはいまいちYelp評価を見るとよくないレストランばかりで、ちょっと不安でしたが、そう思って入ったこちらのレストランはまずまずで、結果オーライ。超コテコテのフレンチより食べやすい印象でした。


また、夜のSantana Rowの雰囲気も昼間とは違うなぁと思いました。週末夜はかなり活気があるのですね。ほろ酔いの人々が通りを歩く様はまるで、日本にいるような気にさえなりました。
あぁ、日本はそろそろ忘年会シーズンへと突入でしょうか。I miss 居酒屋、忘年会…。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

La Folie

前回に続きまして、先月のMy Birthdayに行ったレストランのご紹介です。せっかくなのでフレンチにしようとは決めていたのですが、結構迷いました。結局今回選んだ先はLa Folie(※音注意)

レストランへ行く前にRussian Hillだったので、ついでにBillionaire's Rowをお散歩。家というよりはお城のようなビリオネアの豪邸を見て周り、気分だけでもリッチになります。そして我が家の小さな車で現実に戻った後、レストランへ向かいました。
IMG_0643_8089232413_m_convert_20121114052850.jpg
Polk Stに面しております。Valet parking$15



IMG_0682_8089236143_m_convert_20121114053236.jpg
店内は天井が高めでラグジュアリーな雰囲気です。



IMG_0652a_8089233661_m_convert_20121114052914.jpg
ちなみに “à la folie”=「気も狂わんばかりに(愛している)」という意味だそうですよ。


さて、私は 4 course menuを選び、旦那はFall Tasting Menuを選択。両者ともアミューズ2品Cherry Tomato Comport, Pouched Egg w/ Lobster Bisque)からスタートです。


Appetizer↓↓↓
IMG_0658a_8089234343_m_convert_20121114052934.jpg
Frog Legs "Bernard Loiseau" - Garlic Puree and Parsley Coulis
ベルナール・ロワゾー氏の得意料理の再現でしょうか。


IMG_0661a_8089235028_m_convert_20121114052955.jpg
Monterey Abalone and Uni Salad - over Cauliflower Tartare, Dashi Foam, Pickled Baby Beets
だしモントレー産のウニ、あわびを包みます。


Fish↓↓↓
IMG_0662a_8089235170_m_convert_20121114053013.jpg
Pan Roasted Bolinas Black Cod - Warm Broccoli Panna Cotta, Lemon Olive Oil Pearls, Blood Orange Beurre Fondue
温かいブロッコリーパンナコッタやさしいお味で、ののったCodとまた相性が良かったです。



IMG_0664a_8089235330_m_convert_20121114053037.jpg
Butter Poached Lobster - on Musquee de Provence Ravioli with Truffle Beurre Fondue, and Spiced Pepita Salad
ぷりっとしたロブスターらしいかぼちゃを使ったソースが美味。バターたっぷりなのでフレッシュ野菜が添えられていると幾分さっぱりと食べられますね。



Meat↓↓↓
IMG_0666a_8089234945_m_convert_20121114053052.jpg
Certified Angus Pan Seared Beef Tenderloin - Bearnaise Croquette, Borie Marrow Custard, Truffle Madeira Sauce
香りのよいトリュフマデラソースで頂くアンガスビーフです。



IMG_0670a_8089235151_m_convert_20121114053112.jpg
Rôti of Quail and Squab - stuffed with Mushrooms, Wrapped in Crispy Potato Strings, Truffled Jus
食べてみたかったSquab(ハト)があったので、迷うことなくこちらをチョイスQuailとの組み合わせなので、最後まで食べきるのは大変でした。周囲にまかれているストリングポテトかりかりとしてよい食感。



Cheese↓↓↓
IMG_0674a_8089235539_m_convert_20121114053135.jpg
Selection of Artisan Cheeses
チーズそこそこで、嬉しいのは付け合せのバリエーションです。フレンチですからメインを食べ終わった時点でお腹がこってりとしており、そこにチーズはつらいものです。しかし、洋ナシコンポート、フィグ・苺コンフィチュール、巣蜜があると濃厚なデザート感覚で美味しく食べることができました。



Dessert↓↓↓
IMG_0681a_8089236496_m_convert_20121114053217.jpg
Summer Berries Parfait - Basil Olive Oil Ice Cream, Hazelnut Praline Sponge Cake, Coconut Tapioca Pudding
ココナッツタピオカが入りフュージョン的なデザート。フレンチコースの場合は最終的に、このようにさっぱりめなものが!?



Petit Four↓↓↓
IMG_0677a_8089236380_m_convert_20121114053155.jpg
バースデーメッセージを添えてくれました。小菓子は私の好きなプティフールセックタイプ。一番手前のパータドフリュイ(アブリコ)が私の超ヒットでございました。


ちなみにこちらのPastry Chefは日本人女性の方だそうです!


接客もこまめでのあるフレンドリーさだったのが好印象。超コテコテのフレンチというよりは、ちょっとアレンジの効いたモダンなタイプでしたので、日本人には嬉しいお味かと思います。個人的にはチーズ食べ方と全体的な野菜の使い方が高ポイントでございました。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

Baker Street Bistro

もう1ケ月前になりますが、今年もFleet WeekBlue Angelsのショーを見に行きました。私が行ったのは土曜日だったのですが、午前中あったもショーが始まる頃には晴れ、きれいな青空のキャンバスで見ることができました。
IMG_0335_8061584318_m_convert_20121105041707.jpg

今年も去年同様Presidio of San Franciscoこちら)へ駐車して会場へ向かいます。(今年は12:30頃に着いたので、駐車もぎりぎりでした)

その前にランチをTo Goするために立ち寄ったのがBaker Street BistroというFrench Bistroです。Presidioのゲートを出て徒歩2~3分のところにあります。
IMG_0323_8061579833_m_convert_20121105041538.jpg
Breakfast, Brunchがメインのお店のようで、周りは住宅地なので地元の方が通われるのでしょう。しかし訪れた時はすでにショーが始まっている時間だったのでお店は空席がずいぶんありました。


IMG_0322_8061582116_m_convert_20121105041517.jpg
こちらのお店のマーク、私には東京事変様のアルバム教育ADULTの掛け合わせに見えてなりません。というわけで勝手に親近感



IMG_0325_8061580243_m_convert_20121105041557.jpg
開店休業ぎみで暇なのでしょうか、フランス人Chefが厨房から出て来て、ジョークを交えながら接客してくれました。


まず、コーヒーをランチのお供に頂いたのですが、やはりフレンチで苦味のあるフルボディでございました。
そして、オーダーした品が出来上がり、包みを受け取ってショーへ向かいます。


場所を見つけて腰を下ろすやいなや、ご開封~。

IMG_0329_8061583286_m_convert_20121105041649.jpg
Croque Madame - A Croque Monsieur with a fried egg on top
定番メニューのクロックムッシュ目玉焼きが乗ったクロックマダム。日本のカフェで何度か食べたことがありましたし、学生時代のバイト先のカフェでも作っておりましたが、全くの別物で驚きました。バターたっぷりハムはとても肉厚で存在感があり、チーズグリュイエールでしょうか、こくがあります。日本で食べていたのは、フランス人から言わせると“なんちゃって”だったのでしょうね。



IMG_0328a_8061583086_m_convert_20121105041618.jpg
Oeufs Copenhague - Smoked Salmon, Poached Eggs, English Muffin, Hollandaise sauce
ぷるぷるポーチドエッグが乗ったスモークサーモンベネディクト。 メニュー名だけ見るとOeufs(フランス語で)とあるのでオムレツかと思いましたが、ベネディクトでした。サーモンの量もしっかりです。


どちらもこってりしておりフレンチ~でございました。とりわけクロックマダムカロリーがすごそうですが、やはりそれが美味しいです。このこってりに日本人ですと最後までは太刀打ちできないので、シェアするがでしょう。

こちらが週末のBrunchで出されているパンペルデュが人気のようなので、機会があればこちらも食べてみたいなぁ。

というわけで、PresidioPalace of Fine Arts Theatreへお出かけの際は立ち寄りたいFrench Bistroでした。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。