スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Glacier NP and Waterton Lakes NP (5日目)

Glacier NP and Waterton Lakes NPの旅は5日目を迎えます。この日はGlacier NP中心部を回っていきます。

West Entranceから入りまして、公園内を東西に抜けるGoing-to-the-Sun Roadへ。この道路からのみ公園内部へのアクセスが可能なのですが、のため10月中旬~6月上旬頃(※その年の天候状況により変動)まで閉鎖されていることが多く、実質公園内部へ遊びに行ける期間は夏のみとなるようです。


まず道路を進みますとすぐに見えてくる大きな↓↓↓
Lake McDonald_14640290238_m
Lake McDonald
こちらは公園内にたくさんあるの中でも最大のものです。巨大な氷河によって台地がそぎ落とされた結果生まれたとのこと。それにしても、広いです。そして、きれいです。

こちらの近くにApgar Villageがございまして、このエリアには簡単なレストランギフトショップなどいくつか集まっております。

この大きく美しいを横にGoing-to-the-Sun Roadを進んで参りますと…

IMG_6786_14803901626_m_convert_20140913021515.jpg
Weeping Wall
岩壁から雪解け水のように流れ落ちてきます。こちらは道路のすぐにありますので、時期によってはかなりにもがかかるのではないでしょうか。



そして、さらに進みますと、いよいよお目当てのLogan Pass到着します↓↓↓
IMG_6761_14640342047_m_convert_20140913021408.jpg
Continental Divide
この公園には大陸分水嶺があり、このポイントから水が太平洋大西洋に分かれて流れていきます。以前も他の公園(こちら)でお勉強済みでしたので今回はすぐに意味が分かりました。


そして、こちらは公園内でも最もポピュラーな場所(trailhead)となり、そのため駐車場が非常に混雑しております。私達は昼前に行ったのですがすでに満車で、出る車をタイミングよく探すのに苦労し、結果駐車場30分ほどぐるぐると回るはめに(涙)。大自然を目の前に、人々の激しい駐車場争奪戦が繰り広げられている滑稽な場面でございました…。

ここではバス利用で混雑回避するという手もありですね。ちなみに公園内のフリーシャトルに加えて、クラシックな赤いバス“Red Jammer”によるツアー(有料)も大人気です。


こちらは2つのtrailheadとなっており、そのひとつがこちら↓↓↓
IMG_6764_14824526774_m_convert_20140913021428.jpg
Highline Trail
ここからGoing-to-the-Sun Roadの途中のThe Loopと呼ばれる180度折れ曲がるようなカーブとなっている場所までつながっています。写真の右手の山の中腹に見えるがそのトレイルでございますよ~。かなり長いトレイルですので、時間気力の都合上こちらは断念



また、こちらがもうひとつの、そして公園内で最もが集まるトレイルです↓↓↓
Logan Pass_14823664611_m
Hidden Lake trail
Going-to-the-Sun、本当に天国に着いてしまうのではないかと思えるほどの絶景が広がっております。そしてに見えます山がMount Reynolds。ここにかって歩いていきます。


IMG_6640_14824421624_m_convert_20140913021311.jpg

途中、雪解け水の小さなせせらぎをいくつもまたぎ、また残雪を踏みながら、トレイルを進みます。



IMG_6663_14826800285_m_convert_20140913021325.jpg
Hidden Lake
確かにtrailheadからは全く存在が分かりませんでした。こちらはHidden Lake Overlook (1.5 miles, easy)からの眺めとなります。


また、この先さらに1.5 milesほど進みますとのほとりまで辿り着けるようですが↓↓↓
IMG_6668_14640092270_m.jpg
“クマ出没”とのことで進入禁止でありました。


というわけで駐車場まで引き返しまして、再びGoing-to-the-Sun Roadを走りへと向かいます。


IMG_6776_14803888976_m_convert_20140913021453.jpg
Jackson Glacier
道路沿いにございますJackson Glacier Overlookから遠目氷河を拝むことができます。


そして大きな湖St. Mary Lakeが見えますと、この道路が終了となり公園の東端に。ループになっておりませんので、景色を楽しみながらまた同じ道を引き返します。


East Entranceからお宿のあるColumbia Fallsまで戻りまして、とうとう旅5日目終了

翌日6日目は帰路の移動のみになりますので特に記事にはいたしませんが、番外編として恒例?の“わくわく動物ランド”部分をまとめていきたいと思います。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Glacier NP and Waterton Lakes NP (4日目)

Glacier NP and Waterton Lakes NP旅行記は4日目となります。この日はカナダ側のWaterton Lakes NPを回りました。


まずは朝食を済ませた後、お散歩へ。
IMG_6428_14638498817_m_convert_20140910134444.jpg
Prince of Wales Hotel
こちらに泊まられている方はさぞ優雅なことでしょう。前日の記事にも写真を一枚あげさせて頂きましたが、Waterton Lakeを見下ろす小高いの上にあり、眺めがとてもよいのです。


このホテルの脇から崖下に降りることができたので、一気に今度はのそばへ↓↓↓
IMG_6433_14802044616_m.jpg


ちなみにこのホテルの道路を挟んで向かい辺りに、一応Visitor Centerがありますが、に何もないので、用事がなければ立ち寄らなくても大丈夫そうです。


そしてこの後、違うへと向かいます。途中、を軽くって行くのですが、遠目に先ほどのホテルが見えましたのでパシャリ↓↓↓
IMG_6491_14825089885_m_convert_20140910134550.jpg




そしてから車で30分ほどで、Cameron Lake到着。さっそく湖のリムに沿って走っているCameron Lakeshore Trail (3.2 km, round-trip 1h, easy) を歩いてみました↓↓↓
IMG_6446_14638401489_m_convert_20140910134520.jpg



Cameron+Lake_14638359240_m_convert_20140910134347.jpg



IMG_6465_14638524327_m.jpg

こちらのトレイルは終点に特に何か見どころがあるわけではないのですが、このように途中途中に見える絶景でありました。



こちらのを去りまして次に向かいましたのは、公園の側奥にございますRed Rock Canyon。こちらもから車で30分くらいの場所にあります↓↓↓
IMG_6524_14822028071_m.jpg
Red Rock Canyon
名前のごとく、真っ赤っか渓谷です~。浅いが流れており、子供も大人もワンコも、水遊びを楽しんでいらっしゃいました。また、写真左側上部に写っておりますのがRed Rock Canyon Hardened Surface Trail(loop 0.7km, 20mins, easy)で、この不思議な岩肌を眺めながらのお散歩も楽しめます。この渓谷は大きな見どころとしてあまり紹介されておりませんが、なかなか面白い場所かと思います。




そして、たった1泊でしたがカナダを後にし、再びアメリカ側へとります。写真向かって側が来る時に通過したカナダのゲート、そして側がアメリカ入国ゲートです。
IMG_6553_14638427850_m_convert_20140910134609.jpg
また、ちょっとドキドキの瞬間がやってまいりました。やはり出国時よりも入国時の方が質問事項なども多かったですが、パスポート(VISA)を見せ受け答えを済ませるとすんなりと終わりました。念の為持って行ったI-94のコピーはここでも特に要求されませんでした。


しかし、このアメリカという国はご存じの通り、担当の人により全然対応が違いますので、ご注意下さいませ。このゲートではないのですが、実際に友達が、カナダからアメリカ入国の際、I-94のコピーを持参していなかったので審査にあい1時間くらいの足止めを食らったそうな…。



3時間くらいドライブをした後、Glacier NPに位置するColombia Fallsという町にあるお宿へ。


ちなみにこの日とその翌日お世話になったのはBad Rock B&Bというお宿で、施設も整っており、オーナーさんも親日なよいお宿でございました。


これにてGlacier NP and Waterton Lakes NPの旅は4日目が終了となります。翌日は再び、Glacier NPの内部へ潜入いたします!

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Glacier NP and Waterton Lakes NP (3日目)

Glacier NP and Waterton Lakes NP旅行は3日目を迎えます。この日は2晩お世話になったWhitefishのモーテルを後にし、カナダへと向かいました。

その途中、Hwy-2に平行して、アメリカを横断しているGreat Northern Railwayの線路がありますので、そこをレトロな電車が走ると、また一味違った景色も楽しむことができます。
IMG_6251_14637858438_m.jpg



上記の写真はthe Izaak Walton Innの裏手から撮影。そして、こちらで楽しそうキャビンも発見しましたよ↓↓↓
IMG_6255_14637860888_m_convert_20140908140211.jpg
Red Caboose Cabin
中はRVのようにキッチンもついた造りになっているようです。鉄道好きのお子様パパさんがいらっしゃるご家族には、たまらないでしょうね~。どのキャビンにも実際に宿泊者がいらっしゃったので、中は直接拝見できませんでした。

また、こちらは立ち寄りませんでしたが、Great Northern Railway Cafe車両を改装してカフェにしているので楽しそうです。


そして、通過がてらGlacier NPEast Glacier側へ↓↓↓
IMG_6282_14844344463_m_convert_20140908140227.jpg



この辺りはTwo Medicineと呼ばれる場所です↓↓↓
IMG_6286_14637803380_m_convert_20140908140305.jpg
Two Medicine Lake
広くかな湖。その湖畔ピクニックエリアがあったので、そちらでランチをしました。カヌーなどの水遊びをされている方も多かったです。



Two Medicineを出た後はまた北上し、いよいよカナダへ…
IMG_6341_14638434407_m_convert_20140908140323.jpg
Chief Mountain Border Crossing
ちょっとドキドキだったのですが、空港と同じくパスポートを見せた後にカナダ入国の目的滞在期間を聞かれたぐらいで、あっさりスルー。こちらは季節によりOffice Hourが違いますので、観光シーズン以外で行く方は特に、予め確認されるのがよいかもしれません。


この国境を越えますと、カナダ側はWaterton Lakes NPに。
IMG_6344_14824984995_m.jpg
Waterton-Glacier International Peace Park
アメリカカナダ両国の国旗が高々とげられております。



Waterton Lakes NPはアメリカとがっているとは言えカナダですので、アメリカNP Annual Passは使用できません。一応聞いてみましたが、やはりダメでした(笑)。


こちらの公園内には小さながあり、ここに宿泊施設、レストラン、お土産ショップなどがまっております。歩いて回れるほどのですので、お宿からレストランまでいらずで、気持ちよくお酒を飲むことができました↓↓↓
IMG_6359_14822624664_m_convert_20140909042948.jpg
The Lakeside Chophouse
テラス席はレイクビューでございました。


この後調子に乗りましてbarにもはしごをし、ほろ酔い状態で街をお散歩


が薄っすらピンクがかる頃、Waterton Lakesを下ににそびえたつPrince of Wales Hotelシルエットを楽しみます↓↓↓
IMG_6395_14844859833_m_convert_20140908140400.jpg
この写真はおよそ9pm頃のもの。一日が長いですね。


これにてGlacier NP and Waterton Lakes NP旅行の3日目が終了となります。翌日4日目はWaterton Lakes NPを回ります。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Glacier NP and Waterton Lakes NP (2日目)

気合いの旅行2日目は、お宿のあるWhitefishからGlacier NPの南側をぐるりとまわり、車で3時間弱で公園側のMany Glacier Hotelへ。こちらへ来た目的optional guided hike to Grinnell Glacier参加するためでありました。

IMG_6243_14824489915_m_convert_20140908094623.jpg

ツアー自体は無料で、レンジャーさんとともに団体でGrinnell Glacierまでハイキングするというものです。しかし、まずは朝一番8:30の便に乗ってボート(有料)で渡り、そこからハイキングがスタートするため、実質この朝一の便に乗れた人のみ参加できるということになります。Standbyで待たれていた方はこのボートにありつけていなかったようなので、ご参加される場合はボートの予約をお勧め致します。

また、このツアーは最終的に8.5時間をし、歩くのに自信がある方は逆に団体でハイキングすると時間を取られるので、違う便のボートで行って、ご自分でハイキングされる方が良いと思います。


まずはSwiftcurrent Lakeを渡り…
IMG_6236_14637828409_m_convert_20140908094602.jpg


その後、一度ボートから降りまして、10分ほど歩き、また違うボートへと乗り換えです。
Lake+Josephine_14637607300_m_convert_20140908104850.jpg
Lake Josephine

この上記の2つの湖をボートで渡ることにより、約4mileショートカット!また、健脚の方は、このショートカットなしに湖沿いをハイキングされるのも楽しいでしょう。我が家はここは検討の余地に入らず、からボートを選択(汗)。


ボートから降りると、いよいよ往復7.5milesのトレイルの始まりです。目的の氷河は標高が高い場所にありますので、行きは基本ひたすら上りです。

IMG_6029_14821965134_m_convert_20140908094445.jpg
ぞろぞろ…


途中で何度か、自然などの説明をするのも兼ねて小休憩を取ってくれます。十分な量のを持参するというのは言うまでもありませんが、一日中過ごすことになるので、スナックタイムとランチタイムのために食べ物もお持ちになられるとよいです。食べ物はMany Glacier Hotel売店で購入可能ですので、ボートに乗る前に入手するというもあり。


途中疲れながらもこんなの色に癒され↓↓↓
IMG_6194_14822088464_m.jpg
Grinnell Lake


また、トレイル途中にはこんな道も↓↓↓
IMG_6206_14637828908_m_convert_20140908094544.jpg
分かりますでしょうか、このトレイル、冷たい雪解け水が流れ落ちる小滝の真下を通らなければなりません。写真で見るよりもは実際落差があるので、に打たれる修行僧になった気分を味わえます(笑)。



途中、たくさんの植物を眺め、また動物にも出会い、楽しみながら歩くことができました↓↓↓
Beargrass_14637835778_m_convert_20140908094427.jpg
Bearglass
こちらの公園のシンボル的な存在になっている植物です。


最終的に氷河のところまで到達したのは、ランチも挟んで1pmくらいだったと記憶しております。大きな休憩をしなければ3時間くらいで辿り着くのではないでしょうか。


そしていよいよ念願Glacier様とご対面↓↓↓
IMG_6131_14637695460_m_convert_20140908094516.jpg
Grinnell Glacier
この見えている全部が氷河なのではなく、そのほとんどが万年雪。その中にころっと一緒にかんでいる部分が氷河なのだそうです。正直もっと凄いものを想像していたので、肩透かしを食らった気分でした。しかし、この氷河一万年以上前の氷河期からあるわけで、とても貴重なものであります。進みゆく温暖化によりこの氷河は消失の一途をたどり、このままいけば2030年までにはこの公園すべての氷河がくなってしまうと予測されているので、焼きつけておきたかったのでした。

少しでも温暖化を食い止めるために、私達にはができるのでしょう。

IMG_6126_14822026144_m_convert_20140908094459.jpg


帰りは下りですので約2時間でボートの船着き場まで戻ることができました。

この日はまたWhitefishのホテルまで戻り、旅2日目が終了となります。
翌日3日目は、国境を越えますよ~。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

Glacier NP and Waterton Lakes NP (1日目)

7月末56日でGlacier NPWaterton Lakes NPへ参りました。前者アメリカモンタナ州、そして後者がカナダアルバータ州で、世界唯一の国境を跨いだ国際公園です。

このつの公園はロッキー山脈の真中にあり、Glacierの名前の通り、氷河によって削られた険しい山々と、その間に広がるたくさんのが見どころとなっております。その美しさは“the Crown of the Continent (Ecosystem)”とも呼ばれ、その大自然には約70種類の哺乳類270種以上の鳥類、そして少なくとも1,132種類の植物生息しているとのこと。


初日の旅程は移動のみ。当初の予定では午前出発のフライトでSFO~MSO (ミズーラ)まで2時間強、そしてMSOからレンタカーでさらに2時間ほど北上し、お宿のあるWhitefishの町に夕方前には着くというものでした。しかし、エアライン側の問題でフライトのキャンセルをくらい、DEN(デンバー)経由を余儀なくされ、さらにDEN~MSO便が天候不良によりかなりの遅延と、散々な目に。

結果的にMSOに到着する頃には日にちが変わり、そこからお宿までドライブ。お宿に着きましたのは3am過ぎという予想外の苛酷移動日となってしまいました(涙)。


お宿で1時間ほど仮眠を取りまして、眠い目をこすらせ旅の2日目へと突入します。

朝焼けの中、WhitefishからまずはGlaicer NPへ↓↓↓
IMG_5967_14637666188_m.jpg

気合で楽しんでやります…。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

punch8392

Author:punch8392
日本でお菓子の世界に踏み出したものの、旦那の転勤で北カリフォルニア(San Mateo)に引っ越して専業主婦に。毎日、英語と格闘しながら楽しく暮らしています。

追記:2010年夏から4年半の駐在生活を経て、帰国いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。